bih.button.backtotop.text

メディカル・トラベル・ガイド

 

パーソナル・トラベル・アシスタンス

当院のトラベル・ヘルス・スペシャリストは、適切な予防接種、予防薬、昆虫媒介感染や旅行者の下痢を避けるための予防措置に関するカウンセリングなど、最新のアドバイスを提供できるよう特別な訓練を受けています。
ご滞在ができるだけ快適で健康的なものになるようにすることが私達の目標です。

Welcome Package
Layout-GHA-Welcome-VirtualBook-Banner_GHA-1200x255.png

Welcome to Bumrungrad International, where your experience matters most. Enhance your journey with our virtual book. Explore our premium services and discover helpful information tailored just for you.

 

タイのCOVID-19(コロナ)状況管理センター(CCSA)は、王国が2022年10月1日からCOVID-19を「危険な伝染病」から「監視下の伝染病」に再分類するのに伴い、全国的なCOVID-19緊急令を2022年9月30日に終了すると発表しました。
 

S__56049695.jpg

Source: Department of Disease Control, Ministry of Public Health

治安と安全

その多彩な風景と豊かな食事、また歴史ある文化に魅かれ、多くの旅行客や移住者が世界中からタイに来訪し続けています。一般的に比較的安全に穏やかな時間を過ごすことができますが、タイの現在の状況について知っておくことは重要です。
 

タイの政治状況

タイは立憲君主国で、2016年10月のプミポン国王のご崩御を受け、2018年12月にワチラロンコン国王が即位されました。
 
2005年以来、タイでは多くの政治的混乱がありました。2006年の軍事クーデターでは当時の首相であったタクシン・チナワットが退陣に追いやられ、それに続く反政府デモと政治グループの対立は数年間にわたりました。 2019年に軍事政権が正式に終了したにもかかわらず、軍は新政権を支配し続けています。2019年3月の総選挙の結果、プラユット・チャンオチャ首相のもと、軍部と連携するファラン・プラチャート(PP)党が連立政権を樹立しました。
 
現在のタイの政治的状況は比較的落ち着いており、2017年4月には新憲法も施行されました。しかしながら、南部では今でも民族的対立による不安が続いています。南部を訪れる際には特別に注意を払い、また政治的状況について常に情報を確認することが必要です。 バンコクでは政治的な街頭抗議活動が行われることがあり、交通に影響を及ぼす可能性があります。
 
情報および報道に関してはタイは比較的自由な風潮で、現在の政治的状況や出来事について、英語およびタイ語で報道がなされています。そのひとつがバンコク・ポスト[PMD1] 紙です。
 

タイ国内の安全:陸路

バス、電車、飛行機、ボートなどで国内を旅行することができ、国内のほぼ全域に簡単にアクセスすることができます。バンコク市内はタクシーやオートバイ、車、電車で移動することが可能です。タイ国内を運転する場合には、法律や規制に注意しましょう。Driving in Thailand[PMD1] というホームページ(英)からタイ国内での運転に関する法律や規制、慣習などについて知ることができます。

 

バムルンラード・インタナショナル病院の感染予防・対策について

  •  感染を防ぐ5つの簡単な方法
    • 手を洗い、アルコールベースの手指消毒剤を使用する。
    • 風邪やその他の呼吸器感染症(鼻水、発熱、咳、くしゃみなど)にかかった場合は、すぐに医師の診察を受ける。
    • くしゃみや咳をするときは、口と鼻を覆う。
    • 病気に罹患している場合は、他人との密接な接触を避けること。
    • 友人や親戚が病気になった場合は、家にいるようにアドバイスしてください。
  • 自分に合ったマスクを選びましょう。
AW-MEDICAL-MASK_EN_1040X1040-(1).jpg
 


バムルンラード・インタナショナル病院での安全対策
 

  • バムルンラード・インタナショナル病院で治療を受けるためのガイドライン
Guidelines.png
  • 当院では、皆様にできるだけ安全な環境を提供することを最優先しています。そのため、病院にいる間は、建物内でも屋外でも、常にフェイスマスクを着用することをお勧めします。
 
facemask.png
 
  • 親族や訪問者のためのプロトコル

患者様、面会者、スタッフにとって安全で整然とした環境を確保するため、疾病管理局が定めた安全対策に準拠した対策を実施しています。

 

MicrosoftTeams-image-(96).png
Respiratory Virus Season Resources

Influenza Viruses Spreading this Season and Update on JN.1 Variant — While COVID-19 continues to cause more hospitalizations than influenza and respiratory syncytial virus (RSV),
right now, more people are going to emergency departments to get care and being diagnosed with flu than COVID-19. With seasonal flu activity elevated across the country,
CDC is tracking which influenza viruses are most common, where they are occurring, and how this might impact the public’s health. Since the fall, emergency department visits have been increasingly driven by flu.

While some recent data suggest flu may have peaked, CDC is watching closely for a second wave of flu activity, which happens during many seasons.
JN.1 is still the most prevalent variant : Remains the most widely circulating variant of SARS-CoV-2 in the United States and globally.
To learn more about this year’s influenza season and for an update on the JN.1 variant of SARS-CoV-2, please visit: Influenza Viruses Spreading this Season and Update on JN.1 Variant | CDC

Healthcare Quality Resources

Stay Alert for Measles Cases — Between December 1, 2023, and January 23, 2024, CDC was notified of 23 confirmed U.S. cases of measles, including seven direct importations of measles by international travelers and two outbreaks with more than five cases each.

Most of these cases were among children and adolescents who had not received a measles-containing vaccine (MMR or MMRV), even if age eligible. To learn more, please visit: COCA Now

 

SARS-CoV-2, Covid-19


Situation - Thailand
 

News related to the influenza situation:
  • COVID-19 is remains a health threat for Thailand this year
    • COVID-19 will remain Thailand’s most significant health threat this year and the number of infections may reach 650,000, with a predicted death toll of over 800, by the end of the year, according to Dr. Thongchai Keeratihattayakorn, director-general of the Disease Control Department.
      Due to the constant mutation of the virus, he advised people at high risk, such as the elderly, pregnant women, diabetics, those with high blood pressure, the obese, people with chronic kidney problems or cancer, to get vaccinated at least once a year, to wear face masks in crowded places and to wash their hands frequently. (Read more click link ) Update 11 Jan 2024

Global Situation  
 
 
  • JN.1 is still the most prevalent variant
    CDC continues to track the rise in prevalence of the JN.1 variant of SARS-CoV-2, the virus that causes COVID-19. JN.1 remains the most widely circulating variant of SARS-CoV-2 in the United States and globally.
    As of January 19, 2024, JN.1 is estimated to account for approximately 83% to 88% of all currently circulating SARS-CoV-2 variants, an increase from the estimated prevalence of 55% to 68% two weeks ago. JN.1 remains at high prevalence among variants in international travelers and wastewater viral levels, as well as in most regions around the globe. update 22 January 2024
    Read more Click link : Influenza Viruses Spreading This Season and Update on JN.1 Variant | CDC
  • Coronavirus disease (COVID-19) Weekly Epidemiological Updates and Monthly Operational Updates ( Read more click link )

 

Influenza, Avian Flu (Bird Flu), 


Situation - Thailand
 
  • News related to the influenza situation:
    The number of influenza cases in 2023 has risen fivefold when compared to last year's monthly averages and the Food and Drug Administration (FDA) is now warning against buying artificial influenza antiviral pills labelled oseltamivir that have been smuggled into the country.
    (Read more click link )

Global Situation  
 

Cambodia reports 2 more human H5N1 avian flu infections
Over the past few days, Cambodia's health ministry has reported two human H5N1 avian flu cases, which involve patients from difference provinces who were exposed to sick poultry before their symptoms began.

The cases are the first of 2024 and raise the country's number of cases since early 2023 to eight.
Though officials haven't announced genetic sequencing results on the viruses that infected the two new patients, the rash of earlier cases was caused by clade 2.3.2.1c, an older H5N1 strain that has circulated in the region for more than a decade. The clade is different from the 2.3.4.4b clade that is currently circulating widely in wild birds and poultry, with sporadic detections in mammals and people.

Cambodia reported its last human H5N1 cases—one of them fatal—in October. Of the 6 cases reported from Cambodia in 2023, 4 patient died and 2 survived after mild illnesses, according to background information from the US Centers for Disease Control and Prevention.
(Read more details click link: https://www.cidrap.umn.edu/avian-influenza-bird-flu/cambodia-reports-2-more-human-h5n1-avian-flu-infections )
 

Dengue 


Situation - Thailand
 

News related to the influenza situation:
  • Combating Dengue Outbreak and Addressing Overlapping Challenges with COVID-19
    • Thailand is currently facing a severe dengue fever outbreak as the rainy season and El Niño approaches, posing a significant threat to public health. The number of cases has surged to alarming levels this year, with the Ministry of Public Health (MoPH) warning that it could reach a three-year high. To combat this this disease, health authorities are urging local agencies to intensify efforts in curbing the breeding cycle of mosquitoes, which are the carriers of dengue. (Read more click link )

Global Situation  
 
 
  • Dengue - Global situation
    • Since the beginning of 2023, ongoing transmission, combined with an unexpected spike in dengue cases have resulted in close to a historic high of over five million cases and more than 5000 dengue-related deaths reported in over 80 countries/territories and five WHO regions: Africa, Americas, South-East Asia, Western Pacific and Eastern Mediterranean Regions globally.
       (Read more details click link ) Update 21 December 2023​
  • Province Concern
    • Chad (Update 16 October 2023)
    • Bangladesh (Update 11 August 2023)
  • Situation
    • Chad - On 15 August 2023, a dengue outbreak was declared by the Ministry of Public Health and Prevention in Chad. As of 1 October, there have been 1,342 suspected cases, including 41 confirmed cases reported across 8 health districts in 4 provinces. Among the confirmed cases, one death was reported. (Read more click link )
    • Bangladesh - From 1 January to 7 August 2023, the Ministry of Health and Family Welfare of Bangladesh reported a total of 69 483 laboratory-confirmed dengue cases and 327 related deaths, with a case fatality rate (CFR) of 0.47%. Of these, 63% of cases and 62% of the deaths were reported in the month of July 2023. Although dengue is endemic in Bangladesh, the current dengue surge is unusual in terms of seasonality and the early sharp increase in comparison to previous years, where the surge started around -late June. The CFR so far this year is relatively high compared to previous years for the full-year period. The pre-monsoon Aedes survey shows that the density of mosquitoes, and the number of potential hotspots is at the highest level in the past five years. (Read more click link )

Mpox (Monkey pox)


Province Concern
Update 19 December 2023
 
 
  • The top 5 countries are United States of America, Brazil, Spain, France, Colombia
  • The global situation have been reported 92,783 confirmed cases of  Mpox (Monkeypox), Outbreaks have been found in 116 countries

 Situation
 
 
  • As of September 2023, the number of monthly reported new cases has decreased by 16.2%, compared to the previous month. The majority of cases reported in the past month were notified from the Western Pacific Region (45%) and the European Region (26.4%). (Read more Click link )

Middle East respiratory syndrome coronavirus (MERS-CoV)


Province Concern
 
 
  • Saudi Arabia (Update 29 August 2023)

Global Situation 
 

Situation – Saudi Arabia
  • Between 13 August 2023 and 1 February 2024, the Ministry of Health (MoH) of the Kingdom of Saudi Arabia (KSA) reported four cases of Middle East respiratory syndrome coronavirus (MERS-CoV), including two deaths. The cases were reported from the Riyadh, Eastern, and Qassim regions of the KSA
     

Marburg virus disease


Situation - Thailand
 
 
  • Currently, Thailand has not found any patients. 'Marburg virus', but now there are travel from different countries to Thailand. The Department of Disease Control will closely monitor the situation from the World Health Organization and other agencies. to continuously analyze and assess risks.  At this time, no travel ban has been announced. But focusing on screening measures for travelers from Equatorial Guinea and neighboring countries (Read more click link )

Global Situation  
 
 
  • Province Concern : Equatorial Guinea (Update 8 May 2023)
    • On 8 June 2023, after two consecutive incubation periods (42 days) without a new confirmed case reported, the Ministry of Health of Equatorial Guinea declared the end of the Marburg virus disease (MVD) outbreak, as per the WHO recommendations. A total of 17 confirmed and 23 probable cases were reported from five districts in four provinces; 12 of the 17 confirmed cases died and all of the probable cases were reported deaths.

入国に関し必要なこと

バムルンラード・インターナショナル病院での受診予約をされる前に、タイへの入国に関し何が必要となるかを知っておきましょう。入国前に予防接種やビザの取得が必要となる場合があります。
 

健康および予防接種

どの国に渡航される場合でもそうですが、出発前に必要な予防接種を受けておくことが推奨されます。ジフテリア・破傷風・百日咳の混合ワクチン、水ぼうそう、ポリオ、はしか・おたふく風邪・風疹の混合ワクチン(MMR)、インフルエンザ定期予防接種全てをきちんと受けておく必要があります。
 
これらに加え、場合によっては以下の予防接種がタイ入国前に必要となります。
 
 
詳細はwwwnc.cdc.gov[PMD1] をご覧ください。


 

 

Vaccine

Who Needs It?

Why?

Measles

All travelers: Infants 6 to 11 months old traveling internationally should get 1 dose of measles-mumps-rubella (MMR) vaccine before travel. This dose does not count as part of the routine childhood vaccination series.

 

Routine vaccines

All travelers

There is a risk of contamination through food or water.

Malaria

Most travelers

CDC recommends that travelers going to certain areas of Thailand take prescription medicine to prevent malaria. Depending on the medicine you take, you will need to start taking this medicine multiple days before your trip, as well as during and after your trip. Talk to your doctor about which malaria medication you should take.

Find country-specific information about malaria.

Hepatitis A

Most travelers: Recommended for unvaccinated travelers one year old or older going to Thailand. Infants 6 to 11 months old should also be vaccinated against Hepatitis A. The dose does not count toward the routine 2-dose series. Travelers allergic to a vaccine component or who are younger than 6 months should receive a single dose of immune globulin, which provides effective protection for up to 2 months depending on dosage given. Unvaccinated travelers who are over 40 years old, immunocompromised, or have chronic medical conditions planning to depart to a risk area in less than 2 weeks should get the initial dose of vaccine and at the same appointment receive immune globulin.

There is a high risk of contamination through food or water.

Typhoid

Most travelers: Recommended for most travelers, especially those staying with friends or relatives or visiting smaller cities or rural areas.

There is a risk of contamination through food or water.

Cholera

Some travelers: There is no longer active cholera transmission and vaccine is not recommended.

There is a risk for contamination through food or water, especially in areas where there is an active transmission.

Hepatitis B

Some travelers: Recommended for unvaccinated travelers of all ages to Thailand.

Hepatitis B is transmitted through sexual contact, as well as through contaminated needles and other blood products.

Japanese Encephalitis

Some travelers: Recommended for travelers who are moving to an area with Japanese encephalitis to live spend long periods of time, such as a month or more, in areas with Japanese encephalitis frequently travel to areas with Japanese encephalitis consider vaccination for travelers spending less than a month in areas with Japanese encephalitis but will be doing activities that increase risk of infection, such as visiting rural areas, hiking or camping, or staying in places without air conditioning, screens, or bed nets going to areas with Japanese encephalitis who are uncertain of their activities or how long they will be there not recommended for travelers planning short-term travel to urban areas or travel to areas with no clear Japanese encephalitis season.

There have been reports of transmissions in Northern Thailand, as well as the coastal areas of Southern Thailand.

Rabies

Some travelers: Rabid dogs are commonly found in Thailand. However, if you are bitten or scratched by a dog or other mammal while in Thailand, rabies treatment is often available. Consider rabies vaccination before your trip if your activities mean you will be around dogs or wildlife.Travelers more likely to encounter rabid animals include campers, adventure travelers, or cave explorers (spelunkers) veterinarians, animal handlers, field biologists, or laboratory workers handling animal specimens visitors to rural areas since children are more likely to be bitten or scratched by a dog or other animals, consider rabies vaccination for children traveling to Thailand.

Although rabies is not a major risk in Thailand, it can be found in some animals, especially street dogs and cats.

Yellow Fever

Some travelers: Required if traveling from a country with risk of YF virus transmission and ≥9 months of age, including transit >12 hours in an airport located in a country with risk of YF virus transmission.1

There is no risk of yellow fever contamination in Thailand. However, the government of Thailand requires proof of vaccination against yellow fever from all travelers who are coming from countries that have a risk of contamination. To determine if you are one of these travelers, please see this list from the Centers for Disease Control and Prevention

 

マラリア:マラリアへの感染を防ぐためにも、タイ滞在中は蚊に刺されないよう注意しましょう。どの地域を旅行するのか、屋外で過ごす時間はどのくらいか、屋外で就寝するかどうかなど、旅行計画によっては旅行前、旅行中、あるいは旅行後にも処方薬を服用してマラリア感染を防ぐために必要なことがございます。[PMD1] マラリアの予防のために注意すべきことについて主治医に相談するとよいでしょう。タイ国内でもマラリア感染のリスクが高い地域は以下の通りです:ビルマ(ミャンマー)やカンボジア、ラオスとの国境にある県の他、カラシン県、クラビ県(プライ・プラヤ地区)、ナコンシータマラート県、ナラティワート県、パッタニー県、パンガ県(パンガ市も含む)、ラヨン県、サコンナコン県、ソンクラー県、スラタニー県、ヤラー県。これらの県でも森林部や農村部では特に注意が必要となります。稀ではありますが、これら以外の地域(クラビ県、バンコク、チェンマイ、チェンライ、パンガン島、サムイ島、プーケットなど)でもマラリアに感染することがあります。
クラビ県の島々(ピピ島、ヤオノイ島、ヤオヤイ島、ランタ島)およびパタヤにおいてはマラリア感染は報告されていません。より詳しい情報はタイのマラリア[PMD2] のリンク(英語)をご参照下さい。

 
通常、タイ王国への入国を希望する外国人は、タイ王国大使館またはタイ王国総領事館でビザを取得する必要があります。ただし、以下のビザが免除される国の国民はビザが不要です。
ビザが免除される国の国民
 
ビザが免除されるタイとの二国間協定を結んでいる国の国民
 
詳しくはタイ大使館・領事館をご覧ください。
 

タイへの新しいビザ申請プロセス

E-Visaの申請者は、タイ王国大使館または領事館でパスポートと添付書類の原本を直接提出する必要はありません。申請者には、申請状況を確認するための参照番号がEメールで送られます。
 
E-Visa申請が承認されると、申請者に確認メールが送信されます。旅行の時に、確認メールのコピーを印刷することをお勧めします。タイ渡航する際、航空会社やタイ入国管理局に提示します。
 
e-visaの詳細については、https://thaievisa[PMD1] .go.th/ をご覧ください。

 

visa.gif

Thai Custom: Guidelines for Airport Passengers click here
 

渡航に関する情報

 

渡航に関する情報
 
バンコクへの渡航を決められたら、タイについてもっと知り、この機会を最大限に活かせるようにしましょう。タイについて調べるには、まずタイ国政府観光庁のホームページをご覧になると様々な情報について知ることができます(英語)。

 

  • タイについて
  • バンコクについて
  • タイの気候について
  • タイ国内の旅行についてよくある質問
 
  • 制限 
   タイでの麻薬および向精神薬[PMD1] 
 



タイに滞在・居住する外国人のための、タイ銀行口座開設に関する規定
 

免責事項:この情報は、外国人のためのタイの銀行を基本とした一般的な情報であり、個々の金融機関の規制に基づいて異なることがあります。

タイ永住権を持つ外国人
1.            戸籍謄本
2.            パスポート


労働許可証を持つ外国人
1.            労働許可証
2.            パスポート


長期ビザを持つ外国人
1.            ビジネス/就労のための非移民Bビザ、O-A長期滞在ビザ、または3年間の非移民ビザ
2.            長期滞在ビザ(LTR)
3.            タイ・プリビレッジ


銀行によっては、さらに追加資料を求められることがあります。

  • タイの居住を証明するもの(タイの滞在許可証、公共料金の請求書、賃貸契約書など)
  • 自国での居住を証明するもの(公共料金の請求書、銀行の残高証明書、運転免許証など)
  • タイでの不動産所有を証明する書類
  • 大使館、母国の銀行、タイの教育機関からの推薦状など

 

渡航チェックリスト

 

バムルンラード・インターナショナル病院での受診予約が完了すると、当院のスタッフより渡航前に知っておくべきことについてご連絡差し上げます。受診のための渡航の準備を間違いなくしていただくためにも、こちらのチェックリスト(英語)をご覧ください。
 
セクションI:飛行機にて渡航する
 

一般的に、以下の条件に該当する場合飛行機にて渡航することはできません
 

  • 妊娠36週以降(多胎妊娠の場合には32週以降)の方。
  • 最近心臓発作や脳卒中を起こした方、あるいは腹部、頭部、眼、整形(骨や関節)の手術を最近受けた方、腹部、眼、頭部の怪我をされた方。飛行機への搭乗の可否については主治医にご相談下さい。
  • ペースメーカーや心臓再同期療法(CRT)の装置、植え込み型除細動器など植え込み型の心臓デバイスをお使いの方(飛行機への搭乗の可否について主治医にご相談頂き、また機器の証明書を常に携帯するようにしてください)。
  • 長引く咳、体重減少、寝汗、倦怠感、発熱、胸痛などインフルエンザや結核のような症状が2週間以上続いている方は渡航を自粛し、症状が完全になくなるまで現在お受けになっている治療をお続けになることをおすすめします。
  • 以下のような症状がある場合には、渡航が可能かどうか主治医に相談してください:
  • 胸痛
  • 伝染性の高い病気にかかっている
  • 副鼻腔、耳、鼻に重度の感染症がある
  • 休息時にも息切れや呼吸困難がある
  • コントロールできない精神疾患
  • 38度以上の発熱
  • 発疹
  • 錯乱
  • (外傷がない場合の)あざや出血
  • 長引く下痢
  • 長引く嘔吐(乗り物酔いの場合を除く)

 

飛行機内での注意
 

  • 常用薬は常に手荷物に携帯するようにしましょう。
  • 水分を十分に取ることで脱水を防いで痰の粘度を下げることで、湿度の低い機内でも胸部に痰などがたまらないようにすることができます。
  • 4時間以上の長距離フライトの場合、座り続けていると(英語のリンクご参照ください   https://www.cdc.gov/ncbddd/dvt/travel.html )深部静脈血栓症(エコノミー症候群)を引き起こす可能性があります。立ち上がってもよい時には、座席を離れて歩くようにしましょう。定期的(たとえば30分おきなど)に足を曲げ伸ばししたり、足先を回すなどして血流を促すとよいでしょう。
  • 深部静脈血栓症を起こすリスクが高い場合は、搭乗前に予防法について担当医に相談しましょう。着圧ストッキングの装着、アスピリンや抗凝固薬の服用などが必要になる場合があります。
  • 飛行中に酸素ボンベが必要な場合には、事前にリクエストする必要があります。航空会社指定のフォームに健康状態や酸素ボンベが必要な理由などを明記し、航空会社へ提出する必要があります。航空会社による許可が下りるまでには3から5営業日かかることがあります。 

 
セクション II:手術前の注意
 

  • 手術前に担当医に現在の健康状態や服用中の薬について、またこれまで受けた手術などについて知らせるようにしましょう
  • アスピリン、ペルサンチン®、チクリッド®、プラビックス®、ワルファリン、オルファリン®、ヘパリン、フラキシパリン®などの抗凝固剤、ハーブサプリメント、ビタミン剤、特にビタミンEを服用している方は、最低1週間前から、あるいは主治医の指示に従って手術の前に服用を中止します。
  • お酒や煙草を好まれている場合には、少なくとも手術1週間前からやめるようにして合併症のリスクを減らします。
  • 既往症(循環器系疾患、糖尿病、高血圧、喘息、がん、薬剤アレルギーを含むその他の病気)があったり他の治療や関連する診断を受けている場合には、事前に担当医に知らせるようにしてください。
ダウンロード
 

医療渡航には何が必要ですか?
 

  1. パスポートの有効期限と渡航にビザが必要かどうかを調べる。
  2. 医療費の支払い方法(現金あるいはクレジットカードなど)を決め、予備の現金を現地通貨で準備する。銀行やクレジットカード会社に連絡し、国外で多額の支払いをする予定であることを予め通知しておくことで、不正な支払いであると疑われたり、口座凍結されたりすることを防ぐことができます。
  3. 病院、交通会社、またその他のサポート会社などの連絡先を確認する。
  4. 雇用主に治療のために海外渡航すること、またそれに際し欠勤することを知らせる。
  5. バンコクの天気予報をチェックしてそれに備えて準備をする。
  6. タイ滞在中に自国にて必要な様々なサポートの準備をする。
  7. 予防接種が必要かどうか調べる。
  8. 受診予約を再確認し、事前に支払いが必要な場合には支払いを済ませる。予約日時を今一度確かめる。
  9. 適切な航空券を購入し、空港での出迎えの手配をする。
  10. 爪の色により健康状態を判断することがあるので、マニキュアは落としておきます。

 

何を持っていけばいいですか?
 
1. 携帯電話とその充電器
2. 身分証明書、パスポート、ビザなどの個人書類
3. クレジットカードやデビットカード、現地通貨で準備した予備の現金
4.現在の診断結果、フィルム(X線、MRI、CTスキャン、超音波)、生検結果、連絡先などの医療記録。
5. 日常的に服用している薬がある場合は、元の包装に入れたもの。また持病に関する情報。
6. 渡航中の楽しみのためのアイテム(本や雑誌、音楽プレイヤーなど)
7. 治療プランに合わせた快適なパジャマやバスローブなど(例えば膝の手術を予定している場合には短いズボンのものを選ぶ、また肩の手術を予定している場合にはジッパー式の上着を準備するなど)
8. 快適な下着および靴下
9. 院内を歩く際に履く靴(形成外科手術や上半身の手術を予定している場合にはスリッパでもかまいませんが、整形外科手術を受けられる場合には運動靴などのもっと安定して歩ける履物が必要となります)
10. 石鹸、シャンプー、歯ブラシ、歯磨き粉、制汗剤、櫛、ナプキン、髭剃り、髪留め、リップクリームや洗顔料などの洗面用具
11. タオル
12. 手術後のリハビリのための洋服(トレーニングウェアやスニーカーが必要となる場合もあります)
13. どのような治療を受けられるのかにもよりますが、観光を希望される場合には動きやすい服と履きやすい靴をお持ちになるといいでしょう。人工股関節置換術など、動きに影響が出るような治療を受けられる場合にはゆったりとしたズボンや上着、または伸縮性のある短パンなどを準備するようにしましょう。
14. 耳栓、パジャマ、使い慣れた小さい枕など就寝に必要なもの


 

政治状況
カントリーリスク評価
 
A4
カントリーリスク
コファスが提供するカントリーリスク分析を参照。

See the country risk analysis provided by Coface.


IMG_1109.JPG

 

交通状況

交通状況の生放送は Click Here

 
世界保健機関(WHO)
タイ詳細は Click Here  


気象状況
天気の生放送は Click Here


患者様の権
 
当院は、患者様とご家族の皆様のご協力のもと、より良い医療を提供して参ります。患者様の権利をお伝えすることは私たちの責任ですが、患者様には治療やケアにおける責任もあります。患者様には、治療計画にご不明な点があればご質問いただき、積極的に関わっていただきたいと考えております。疑問に思われる点、ご不明な点がありましたら、ぜひスタッフやマネージャーにお問い合わせください。
 
院内では、患者様は、以下の権利を有します:

  1. すべての患者様は、憲法に述べてあるように、医療従事者から平等に医療サービスを受ける基本的な権利を有します。
  2. 患者様は、ご自身のご病気、検査、治療に関する正しく適切な情報、またそのベネフィット及びリスクに関する情報を、治療開始前に適切な言語で、十分に知る権利を有します(ただし生命を脅かすような緊急を要するケースを除く)。
  3. 生命の危険を伴う患者様は、ご要望がない場合でも、医療従事者から緊急医療処置を受ける権利を有します。
  4. 患者様は、担当の医療従事者の名前及び専門性を知る権利を有します。
  5. 患者様は、他の医療従事者からのセカンドオピニオンを得る権利を有し、ご希望があれば他の医療従事者または医療保険の契約条件を満たす他の医療施設に移ることができます。
  6. 患者様の同意がある場合、またはメディカル・ベネフィットを利用するため医療従事者による医療情報が要求されている場合を除いて、患者様は個人医療情報が守られる権利を有します。
  7. 患者様は、治験に参加するかどうかを判断する前に、十分に説明を受ける権利を有します。
  8. 患者様は、他者の権利が犯されないない限り、病院のルールや規則に従い医療記録の情報を要求することができます。
  9. 患者様が18歳以下の場合やご自身に十分な判断能力がない場合、両親または法的な保護者が、ご本人に代わってこれらの権利を行使することができます。
 
疑問、不明点、コメントがある場合は以下のいずれかの方法でご連絡ください
  1. 直接スタッフに伝える。(担当看護師または担当医)
  2. バムルンラード病院のアプリの「ご意見箱」にコメントを記入する。
  3. 当院のコンタクトセンターに連絡する。(内線00番、または外線0-2066-8888)
  4. Eメールを[email protected] に送付する。


患者様の責任
 
  1. 患者様は、診断や治療に関する同意書に署名する前に、その情報及び潜在的なリスクについてお伺いください。
  2. 患者様は、担当の医療従事者に医療及びその他の情報を正確にすべてお知らせください。
  3. 患者様は、治療に関して医療従事者に協力し、指示に従ってください。もし従えない場合は、医療従事者にお知らせください。
  4. 患者様は、以下の病院のルール・規則に従ってください:
    1. 1 患者様は、病院から請求書をお受け取りになられたらすぐに、保険会社からの払い戻しのために必要な情報を正しい情報を全て提供する責任があります。
    2. 2 患者様は、治療指示書やリビングウィル、あるいは治療希望を明記した文書コピーをお渡しいただく責任があります。
    3. 3 診察のご予約の日時をお守りください。また、ご予約の変更の必要性が生じた場合にはご連絡ください。
    4. 4 患者様は、クレームの解決に際し、病院のマネージメントの担当者にご協力をお願いいたします。
    5. 5 患者様は、ご入院の際、不必要な貴重品を持参せず、入院に必要な最低限の荷物のみをご持参ください。
    6. 6 患者様の安全のため、入院中は主治医や看護師の許可なしの外出は禁止しております。
    7. 7 患者様は、病院から指示された場合を除き、病院の医療及び看護処置のみを受けてください。他の方や患者様自身で処置を行わないでください。
  5. 患者様は、医師やスタッフ、他の患者様、お見舞いの方々に礼節を持ってご対応ください。
  6. 患者様は、所定の書類をご提示の上、会社や保険による医療給付に関してお知らせください。
  7. 患者様は治療を受けるにあたり、医療に関する下記の記述について充分ご理解いただきますようお願いいたします:
    1. 1 医療従事者は、その医療倫理に従って行った行為については、法の保護の下に不当な非難から保護される権利を有します。
    2. 2 医療行為とは、患者様にとってリスクよりも、ベネフィットが上回ると科学的根拠に基づいた現在の医療行為を指します。
    3. 3 医療行為により、全ての病気や症状を、診断、予防、治療することができる訳ではありません。
    4. 4 医療従事者が最善の注意のもとに医療行為を行ったとしても、全ての医療行為には予測不能な結果が生じる可能性があります。
    5. 5 技術的制限その他の問題により、スクリーニング、診断、経過観察等で不正確な結果が生じる可能性があります。
    6. 6 医療従事者は、状況に応じ、経験的証拠に基づいた治療法を示したり、必要に応じて他の医師に紹介する権利を有します。
    7. 7 医療従事者は、緊急または生命に関わる事態を除いて、別の医師・病院の意見を伺ったり、患者様を紹介する場合があります。
    8. 8 患者様が必要な医療情報を開示されないことにより、治療の効果が妨げられる場合があります。
    9. 9 病院の救命救急室は、生命に関わる緊急事態にある患者様のために設けられています。

 
病院スタッフに対する暴力及び言葉による脅迫や威嚇は許容されるものではありません。病院スタッフに対して暴力を行使する方は法的な措置を受け、病院のサービスを受けられなくなるおそれがあります。
 
 

倫理相談

当院の倫理委員会は、治療の選択において倫理的問題や疑問を持つ患者様やご家族様が相談するための機関です。ご相談されたい方は、当院コンタクトセンター(内線00番)または外線0-2066-8888にご連絡いただき、担当者に倫理委員会(Ethics Committee)にご相談されたい旨をお伝えいただくか、[email protected] にメールにてご連絡ください。




Last reviewed in May 2024
 

Medical Coordination Office


BH_Medical-Coordination-Office.jpg
MCO2024-(2).png

The Medical Coordination Office (MCO) at Bumrungrad International is a unique and complimentary service designed to provide streamlined access and individual cultural support to our international patients. The MCO comprises Arabic and International teams: Arabic team is composed of 9 coordination physicians and 3 coordination nurses while international team has 6 coordination physicians and 3 coordination nurses representing over 30 countries and speaking more than 10 languages. From your initial email correspondence with our medical staff until the day you return home, our Coordination Physicians and nurses will be available to assist you.

Medical Coordination Services Include

Pre-arrival
  • Provide assistance to Medical Enquiry team in gathering clinical history, reviewing related medical records of enquired patients in order to get initial specialist recommendation on investigations and treatments.
  • Provide assistance in getting transparent estimated price for the course of treatment.
  • Provide assistance in scheduling doctor appointments in coordination with different clinics in the hospital.
  • Provide assistance in scheduling telemedicine appointments.
  • Provide assistance in coordination with Medical Transport team for those who need medical evacuation services.
  • Provide assistance in coordination with Third Party Payers such as insurance companies, embassies, and other related agencies.
  • Make special arrangements according to the needs of patients such language support, VIP meet and greet, patient escort services, etc.
  • Provide assistance in coordination with Business Center for travel and accommodation.
Upon arrival and hospitalization
  • Make hospitality rounds for in-patients
  • Review and contemplate probable and current clinical problems
  • Coordinate with the care team for clarifying clinical concerns, if any
  • Facilitate and support family meetings with the care team to clarify treatment plan and outcome, if required
  • Generate detailed oriented medical reports
Pre-discharge and follow up
  • Provide assistance to ensure all patient’s requirements and expectations are met (Example: Medical Reports)
  • Provide assistance in coordination with Medical Transport team for those who need repatriation to their home countries
  • Make follow-up calls or email patients and families after arriving their destinations to ensure safe transport
  • Provide assistance in coordination with hospital pharmacies, hospital representative offices or shipment companies, for those who need to buy medication from hospital
 

Medical-Coordination-Office_2.png
 

The Medical Coordination Office is located on the 10th floor of Building-A (Clinic Building). Patients may request the services of Medical Coordination Office through customer service counters, registration counters, and nursing counters or upon contacting hospital for an appointment.

Bumrungrad Hospital’s Medical Coordination Office is the most comprehensive international medical support team in Asia designed to provide a stress-free medical care while abroad.

 

Medical coordination team

Mr. Rajeev Rajan
Chief Business Development Officer
 
 

International Medical coordination

Dr. Donya Hemmadhun
Senior Director, Medical Coordination
& Hospital Duty Management
 

Dr. Nisarat Chanunpanich
Senior Coordination Physician
International Medical Coordination
 

Dr. Zarni Min
Senior Coordination Physician
Myanmar Medical Coordination
 

Dr. Nyo Min Ko, DDS
Senior Coordination Physician
Myanmar Medical Coordination
 

Dr. Aung Linn Htut
Coordination Physician
SAARC
 

Dr. John Gachuiwung Shimray
Coordination Physician
International Medical Coordination
 

Dr. Sereywat Keo
Coordination Physician
Cambodian Medical Coordination
 

Ms. Suthatip Tong-Orn
Senior Coordinator
International Medical Coordinatio
 

Mr. Ganda Boy Sihotang
Senior Coordinator, International
International Medical Coordination
 
 

Arabic Medical coordination

Dr. Kasidis Srisanga
Division Director
Arabic Medical Coordination
 

Dr. Abdo Showah
Coordination Physician
Arabic Medical Coordination
 

Dr. Najood A. Issa
Senior Coordination Physician
Arabic Medical Coordination
 

Dr. Peerada Piriyahaphan
Coordination Physician
Arabic Medical Coordination
 

Dr. Nora Yumyuang, DDS
Coordination Physician
Arabic Medical Coordination
 

Dr. Mohamed Hayedaud
Coordination Physician
Arabic Medical Coordination
 

Dr. Zakiah Abdullah
Coordination Physician
Arabic Medical Coordination
 

Dr. Nasihah Dama
Coordination Physician
Arabic Medical Coordination
 

Dr. Bismellah Kassem
Coordination Physician
Arabic Medical Coordination
 

Ms. Halimah Mauseng
Nurse Coordinator
Arabic Medical Coordination
 

Ms. Sofa Homsuwan
Coordination Nurse
Arabic Medical Coordination
 

Ms. Faesah Pohchi
Coordination Nurse
Arabic Medical Coordinatio
 

Location

Medical Coordination Office
Bumrungrad International Clinic (BIC) Building, 10th floor,
Bumrungrad International Hospital, Bangkok, Thailand

For more information or to receive support, please contact:

Phone: +66 (0) 2066 8888

Fax: +66 (0) 0 2011 5100
Online Appointment: Make appointment here
Learn more: Ask us a question
 

バムルンラードへの行き方

バムルンラードへの行き方

 バムルンラード・インタナショナル病院、当院においでになる各国からの患者様に国際スタンダードに則ったサービスをご提供することが大切だと考えています。ひとりひとりの患者様のニーズに、バンコクに到着した時からお応えするべく以下のサービスをご提供しています。

バムルンラードの空港代表
 
バムルンラード・インタナショナル病院では、スワンナプーム国際空港に到着されましたら、すぐに空港担当者チームがお手伝いいたします。入国審査と税関検査の後、B出口またはC出口(お荷物をお受け取りになる場所によって異なります)にお進みいただき、10番ゲートに向かってお進みください。バムルンラードの空港のカウンターは上の写真のように到着ホールのC出口を出て斜め向かいにあります。詳細情報[PMD1] 
 

空港の担当者が以下のお手伝いをいたします:
 

  • 到着時のバムルンラード・シャトルバンの手配(片道のみ)。
  • 事前のご予約。
  • 到着後の予約変更

到着後のホテル予約

バムルンラード・シャトル・バン・サービス

 
バムルンラード・インタナショナル病院では、スワンナプーム国際空港からバムルンラードまたは病院近くのホテルまでの無料シャトルバスを運行しています。ご予約は前日までに、[email protected][PMD1] (患者様は当院医師との予約が必要です)までお申し込みください。シャトルバスの出発時間は交通状況によって異なります。

 
スワンナプーム国際空港には下記に一部記載している通り、多くの交通手段があります:

  • スワンナプーム-ドンムアン間の無料空港シャトルバス
  • 空港内のターミナルと公共交通センター間の無料シャトルバス 
  • バスターミナル
  • タイ最大の市バスシステム、バンコク交通局(BMTA)のバス路線
  • エアポート・レール・リンク
  • 空港タクシー
  • 公共バン[PMD2] 
 
ドンムアン国際空港では、公共交通機関[PMD3] も多数ご利用いただけます。
 
 

スワンナプームからタクシーを利用する

自力でバムルンラードへ向かいたい場合は、空港からタクシーを利用することをお勧めします。メインターミナルビルの地上階にタクシー乗り場があります。一般的に、列は長いかもしれないですが、かなり早く順番が来る傾向があります。タクシー乗り場のスタッフに目的地を伝えてください。バムルンラードへ真っ直ぐ向かうには、バンコクでよく知られている当院の名前で十分です。
 
バンコクのタクシーはメーター制で、料金は35バーツからです。空港からタクシーを利用する場合、50バーツの追加料金がかかりますが、これは最後に運転手にお支払いください。空港から高速道路を利用することをお勧めします。高架の高速道路を利用すれば、バンコクの中心部、バムルンラードのすぐ近くまで行くことができます。 
 
空港やバンコク周辺からタクシーに乗る場合は、100バーツなどの小額紙幣を用意しておくとよいでしょう。バンコクでは、タクシー運転手はチップをありがたく受け取ります。空港からバムルンラードまでなら、20バーツがチップの目安です。

バムルンラードへの地図とアクセス

バムルンラード・インタナショナル病院は、55以上の専門診療科を有する世界有数の医療施設です。バンコクの中心部に位置し、アクセスも便利です。バンコク中心部に位置するバムルンラード・インタナショナル病院へのアクセスは簡単です。


エリアマップ

Bumrungrad International Hospital Bangkok Thailand Map and Direction
Click to download map - PDF (618 KB)

 

Googleマップ


View Larger Map
入院時間

入院時間
 
何時からでもご入院いただけますが、担当医の指示および治療スケジュールに従ってください。入院された時点から翌日の正午まででお部屋代金、サービス料、お食事代を頂戴しております。
 

入院受付(Admission Office
 
午前7時から午後8時まで:ホスピタルビル2階の入院受付にてお手続き下さい。その際に入院に関する同意書にご署名頂いております。
 
午後8時から午前7時まで:ホスピタルビル1階にあります救急外来受付にてお手続き下さい。その際に入院に関する同意書にご署名頂いております。

 

病院のサービスと施設
快適にご滞在いただけますよう、バムルンラードでは患者様や付き添いの方、お見舞いにいらっしゃる方のために様々なサービスや施設をご用意しております。病院サービスおよび施設についてはこちら[PMD1] をご覧ください。

 
電話サービス
 
入院部屋全室に電話が備え付けられています。
  • タイの携帯電話にかける場合には9を押してから携帯電話番号を押してください
  • 3桁あるいは4桁の番号にかける場合には9を押してからおかけになられる番号を押してください
  • バンコク市内にかける場合にはまず9を押し、次に02を押してから電話番号を押してください
  • バンコク市外にかける場合にはまず9を押し、次に市外局番を押してから電話番号を押してください
  • 国際電話をかける場合にはまず9を押し、次に191, 001を押してから国番号を押し、それから電話番号を押してください
 
ルームエンターテイメント

テレビ :病室にはテレビが設置されており、無料放送のテレビチャンネル、様々なエンターテイメント番組、スポーツ観戦が楽しめます。 インターネットアクセス: チェックイン時にお渡しするパスワードで高速インターネットにアクセスできます。

 
食事サービス

入院患者の食事:  当病院のすべての患者様が、医師の推薦のもと、適切な栄養価を摂取できるよう、患者様には病院から提供される食事のみを摂取するよう勧めています。当院の管理栄養士が患者様の処置を考慮し、健康状態に最適な調理したての食事を提供します。
 
食事のオプション:  バムルンラード病院本館では、患者様やご家族、ご友人のために、さまざまなお食事メニューをご用意しています。これらのレストランのほとんどは、電話一本で病室まで直接配達してくれます。 詳しくはこちらをクリックしてください。[PMD1] 

 [PMD1]Add hyperlink

 
看護サービス

患者様の安全性と利便性のため、ベッドサイドに看護コール用ハンドセットを設置し、24時間体制で看護スタッフにお繋ぎしています。また、浴室にも呼び出しベルが設置されています。看護師とスタッフがいつでも喜んでお手伝いいたします。

患者付き添い: 患者付き添いサービスについては、病棟看護師にお問い合わせください。ご希望と承認が得られ次第、患者付き添いまたは看護助手をお部屋に配置いたします。


ビジネスセンター

ビジネスセンターは情報と連絡先の中心的な場所で、すべての患者様とそのご家族に渡航書類に関するサポートと支援を提供します。これには、ビザの延長、事務業務、その他の秘書サポートサービスが含まれます。バムルンラードに入院される医療旅行者様とそのご家族が、バンコク滞在中に十分なサポートを受けられるよう、私たちはここにいます。 詳しくはこちらをクリックしてください。

 
その他のサービス
  • ハウスキーピング:ハウスキーピングチームにより、各病室は毎日清掃されます。特別なニーズやご要望があれば、病棟看護師にお知らせください。
  • 新聞: ご要望に応じて
  • メンテナンスのご要望: 不具合を発見された場合は、病棟看護師にお知らせください。
  • セキュリティ室内には電子式セーフティボックスがあります。貴重品の預け入れにご利用ください。
  • 火災の安全: 病院には自動火災報知設備があります。
  • 禁煙: 病院敷地内は全面禁煙です。
駐車場: 駐車場は24時間ご利用いただけます。

快適なご滞在をお約束するガイド
 

バムルンラードでのご滞在は、患者様それぞれのニーズに対応する専門家であるスタッフと看護師のプロフェッショナルなチームによってケアされます。私たちは、患者様のご滞在がスムーズで特別な体験となるよう尽力いたします。

入院前手続き

バムルンラード・インタナショナル病院への入院は、医療渡航者を含め、医師の推薦がある場合に限ります。予約はこちらから[PMD1] 
 
 
入院手続きの際、患者様には以下のことが説明されます:
  • 入院部屋の種類
  • 入院部屋、サービス、毎日の食事の料金
  • 手術と処置の概算費用
  • 保証金
  • お支払い方法
  • 契約会社
  • 退院許可
  • 付き添いの宿泊に関する方針
 
  • 感染管理、予防、患者様の安全に関する情報
 
  • 出産
  • 病院での処置、投薬、治療に関する方針
  • 入院患者の栄養計画
  • 貴重品とセーフティボックス
  • 病院所有物の紛失・破損に関する方針
  • 病院で使用する機器や道具

 [PMD1]Add Hyperlink

面会ガイド

バムルンラードでは、ご家族やご友人が患者様の回復過程において重要な役割を果たすと考えています。一般病棟に入院している患者様にのみ適用される簡単なハウスキーピング・ルールのもと、お見舞いに来ていただくことをお勧めしています。個室シングルルームに滞在している患者は、24時間面会者を受け入れることができます。
 

一般病室への面会

2人部屋に入院している患者様は、同室の他の患者様の迷惑にならないよう、午前6時から午後10時までの間に面会者を迎えることをお勧めします。
午後10時以降の面会は、まずナースステーションで受付を済ませてください。面会が許可されると、病院スタッフが病室まで同行します。
 

集中治療室への面会

面会は午前9時から12時までと午後2時から10時までのみ可能です。それ以外の時間帯の面会は固く禁じられています。
 
一度に病室に入れる面会者は2名のみです。
 
重篤な患者でない限り、12歳未満の子供は集中治療室  の患者に面会することはできません。その場合は面会が考慮されます。
 
面会者が集中治療室 で飲食や宿泊をすることは禁じられています。
 
集中治療室内での写真やビデオの撮影は禁止されています。
 
集中治療室  への花の持ち込みはご遠慮ください。
 
集中治療室  およびその周辺での携帯電話の使用はご遠慮ください。

持ち物

  • 出入国スタンプの押されたパスポート(タイ入国管理局の到着スタンプ)
  • 保険会社、雇用主、大使館からの保証書など、医療保険や給付金を証明するもの
バムルンラードと契約している保険会社、雇用主、大使館に限ります。
医療アドバイスに反対する場合

医療アドバイスに反対する場合

入院・外来を問わず、あらゆる診断・治療を拒否する患者および医療渡航者は、病院の方針に従い、同意書:「医師の助言に反した自主退院」に署名しなければならない。

退院前後の注意事項

退院は、楽しみでもあり、同時にストレスでもあるかもしれません。バムルンラードでは、退院のプロセスや退院後に予想されることを理解するために、このガイドを提供しています。退院後も治療はストップしないこと、そして退院後も主治医の指示に従うことが重要であることを心に留めておいてください。

退院プラン

バムルンラードでは、退院指示書が発行される前に、まず医師が患者を評価します。退院の準備を確実にするため、退院指示書は退院前に医療記録に記録され、提出されなければなりません。

退院時間

退院は午前12時です。退院当日、退院時刻を遅らせて入院を継続することは可能です。ただし、追加料金が発生します。
  • 午後6時前に退院する場合、部屋代とサービス料は半日分、食事代は全額請求されます。
  • 午後6時以降に退院される場合は、通常の部屋代、サービス代、食事代が全額請求されます。
 
集中治療室への移動が必要な場合、バムルンラードでは一般病棟を退出頂き、すぐにお部屋の移動の手配をさせていただきます。

教育リソース

退院時に医師から渡される教育資料や推奨事項を理解することは重要です。以下のリストには、退院時の重要な留意点がいくつか含まれています。ご不明な点があれば、遠慮なく担当医にお問い合わせください
 
退院時、患者様は

  • 投与された薬剤や薬物療法について説明を受け、教育を受ける。
  • 健康状態に影響を与えないように環境を管理し、適応する方法、地域資源を利用する方法、病状に影響を与える可能性のある経済的・社会的問題に対処する方法を教わる。
  • 治療の目標を理解し、自分の症状を観察する方法を学び、重大な症状について医師や看護師に知らせるタイミングを知る。患者は、病院に到着する前に、緊急事態に自分で適切に対処できる十分な知識を持つ。
  • 病状による制限や影響など、自分自身の健康状態を理解する。患者は日常生活に対応し、健康上の制限に対処し、回復を助け、合併症の発生を防ぐことができる。
  • 経過観察の重要性を理解し、自覚する。患者は、緊急時に助けを求める必要性を理解し、治療結果や治療計画だけでなく、該当する可能性のある他の診療科への受診も理解する必要がある。
  •  自分の健康状態に最適な栄養食品を選ぶノウハウを持つ。
他の医療機関で治療を続けなければならない場合、患者はバムルンラードで受けた治療の要約を退院時に提出する。この要約報告書は医師が発行し、退院時に看護師が患者に渡す。

フォローアップ

退院後、患者様の病状や当院のサービスに対する満足度について、バムルンラードからフォローアップのご連絡を差し上げます。 コーディネーション医師と文化支援担当者がフォローアップできるよう、連絡先を看護師にお知らせください。

健康体験に対する満足度

当院の医療サービスに対する皆様のご意見は、当院にとって貴重なものであり、日々サービスの向上に努めております。

飛行機での旅

自国または他の旅行目的地へ戻るために航空機を利用する必要がある場合は、医師による搭乗可能健康診断書と、海外で必要となる医薬品のリストが必要です。診断書の有効期限は発行日から7日間です。旅行計画を立てる前に、以下のことをご確認ください:
  • 主治医に診断書、検査結果、X線検査結果の要約を依頼してください。
  • かかりつけのクリニック、医療機関、患者アシスタントの連絡先を確認してください。
  • 主治医と看護師に目的地を伝えてください。
  • 目的地の空港で交通機関の計画を確認してください。

Bumrungrad's World-Class Facilities

Electrophysiology Lab
Da Vinci Robot-Assisted Surgery

International Accreditation

Joint Commission International

Bumrungrad was the first Asian hospital accredited by the Joint Commission International (JCI), the international arm

Global Healthcare Accreditation

With a focus on medical travel care, the Global Healthcare Accreditation (GHA) Program sets the standard for healthcare organizations serving medical travel patients.

Hospital Accreditation-HA

Bumrungrad is the first hospital in Thailand to obtain the Advanced Hospital Accreditation (A-HA) from the Healthcare Accreditation Institute in 2016.