Digestive Disease (G-I) Center(消化器科)

  • フォント・サイズ
  • A 
  • A 
  • A

消化器疾患にかかる人は増え続けており、治療しなかった場合にはより深刻な症状に発展しかねません。逆流症、胃腸障害、便秘、下痢、肝炎、消化器がん、肝臓がんなどの様々な健康問題はどの年齢の方にも起こりうるのです。

バムルンラード・インターナショナルの消化器科 では、以下を含む20近くの分野の専門家たちが勤務しています:

  • 消化器病学 :消化器官(食道、胃、小腸、結腸)の専門家で、小児消化器病学の専門家も含みます。
  • 肝臓学 :肝臓および関連臓器(胆嚢、脾臓、膵臓、胆管)の専門家
  • 内視鏡診断 :内視鏡(先端にカメラのついた長いしなやかな管)を用いて体の内側を検査し、問題の原因を探ります。
  • 内視鏡手術 :内視鏡を体に挿入し問題のある部分を治療します。

消化管のあらゆる不調を治療する多分野にわたる専門家たちのチームに加え、バムルンラードの消化器科には以下の2つの専門クリニックがあります:

  • IBDクリニック :炎症性腸疾患(IBD)とは腸の粘膜内壁の慢性的な炎症のことです。潰瘍性大腸炎(UC)クローン病(CD) などもIBDの一種です。当クリニックでは診断から治療、治療後のフォローアップまであらゆるサービスを提供しています。
  • 結腸直腸手術クリニック :結腸直腸の疾患の診断と治療を行い、結腸、直腸、肛門への損傷を治します。

バムルンラード・インターナショナルの消化器疾患センターは、胃腸病学の専門医と肝臓病学の専門医が連携し、消化器疾患の診断と治療への総合的なアプロー チを行っています。また医療チームは、患者様があらゆる選択肢から選べるように、バムルンラード病院の外科チームとも親密な関係を保っています。

診療内容

バムルンラードの医師およびスタッフは、様々な消化器疾患の治療に関し長年の経験を積んでいます。当センターでみられる主な消化器疾患として、以下のものが挙げられます:

  • 腹痛
  • アルコール性肝疾患
  • バレット食道
  • 胆汁疾患
  • 消化器がん
  • せりアック病
  • 排便習慣の変化
  • 胆管細胞がん
  • 肝硬変
  • 大腸炎
  • 結腸ポリープ
  • 便秘
  • クローン病
  • 下痢
  • 憩室症および憩室炎
  • 胆嚢疾患
  • 胆石
  • 胃腸炎
  • 胃食道逆流性疾患(GERD)
  • 胃腸の感染症
  • 胸やけ
  • 肝炎
  • 腸からの出血
  • 炎症性腸疾患(IBD)
  • 過敏性腸症候群
  • 非アルコール性肝疾患
  • 膵臓疾患
  • 直腸からの出血
  • 胃潰瘍
  • 嚥下障害
  • 潰瘍性大腸炎

お問い合わせ

電話: +66 (0) 2667 1555

ファックス: +66 (0) 2667- 2915

診療時間

日曜日から金曜日: 8:00 am – 8:00 pm
土曜日: 8:00 am – 7:00 pm

所在地

Digestive Disease (G-I) Center(消化器科) :

バムルンラード・インターナショナル、ホスピタルビル北棟(ノース・ウィング)2階、メインロビーのエスカレータで2階へ上がり左折

Digestive Disease (G-I) Center(消化器科)
Digestive Disease (G-I) Center(消化器科)
Summary: バムルンラードインターナショナルの消化器科では消化器病学および肝臓学分野での幅広い専門家により消化器関連疾患の診断および治療を行っています
Rating score: 8.00 of 10, based on 5 vote(s)
8130|0
8130
custom.bihcenter

*Click on the specialty of interest below to see the list of doctors: