bih.button.backtotop.text

意志があれば、道がある: あなたの意志力で癌と闘う

医師の手元にあることに加えて、精神の力は癌との闘いにおいて重要な要素になる可能性があります。希望を持つことは、意志と回復力の力とともに、回復の道に向けた成功に貢献することができます。今年の世界対がんデーに、バムルンラード病院のホライゾン地域がんセンター(Horizon Regional Cancer Center at Bumrungrad Hospital)は、がん患者をケアする意志を宣言し、「私は私であり、必ずする」(“I Am and I Will'')というモットーに沿った意志力の強化に参加します。希望は、意志の力とともに、他とは異なる力です。 


高度な医療技術とは別に、意志力は癌との戦いで最も効果的な武器の1つです。  治療中に障害物を乗り越えることは言うまでもなく、身体検査を受けるのに十分勇気があり、診断されるには、莫大な意志力が必要です。  家族や愛する人からの愛を考慮に入れ、それを回復力に変えるには意志力が必要です。  2000年以上前にプラトンが言ったように、「彼らは全体を知らないからです。全体がうまくいかない限り、その部分は決してうまくいくことはできません。」と、体と心の間の深い相関関係を指します。 人の健康は、健康な心と体が絡み合った結果であると言えます。
 
審査に勇敢に立ち向かう「意志」
統計的には、世界中で1年に約1800万の新しい癌の症例があります。 衝撃的な数にもかかわらず、癌の40%以上は高い生存率で予防可能です。 自分の健康に気を配り、定期的な健康診断を受けることは、早期診断と癌の芽を摘むのに大いに役立ちます。たとえば、乳がんマンモグラムで簡単に検出でき、早期に発見された場合、5年生存率は99〜100%です。


 
回復性のある「意志」
 
Tin-May-Lwin_Paint.jpg
 
現代医学の助けを借りて、精神は驚異的に働き、癌と闘うのに途方もない効果をもたらすことができます。  回復に向けた最初のステップは、希望を持って生きることを選択する際の患者の回復力です。 20年以上戦闘を続けているヤンゴンのコンピュータ学部のTin May Lwin教授は次のように述べています。「私たちの心の状態は、治療プロセスにとって非常に重要です。私たちが癒されると信じるなら、私たちは癒されるでしょう。私を信じてください、あなたがそれを成し遂げないと思うなら、あなたは成し遂げません。私は幸せな生活を送ることを選びました。当時、私も心臓病や糖尿病に苦しんでいましたが、それらが私の喜びを奪うことを許しませんでした。」
 
この回復性は、癌が家族の最愛の人に戻ったときでさえ、繁栄する意志を養います。これは、鼻咽頭癌の完全な回復を経験したカンボジアの実業家であるSrey Lyに起こりましたが、彼女の兄弟がそれを持っていることに気づきました。彼女は「なるようになる。何かが起こったとしても、それを無くすることはできません。私たちはそれを乗り越えて戦い、前進し続けなければなりません。癌が私の子供に起こったのと同じように起こった場合、私はそれをなくすためにあらゆることをします。」 と言いました。
 
あなたが愛するもののために戦う「意志」
 
Razia-Nasreen-Sultana_Paint.jpg
 
あなたの心が苦しむとき、あなたの体もそれを感じます。信じられないかもしれませんが、ストレスには身体的な症状があります。 絶望的であることは実際に状態をさらに悪化させる可能性があると信じられており、同様に、希望を持ち、生きる意志を持っていることは、場合によっては医師が期待する以上に、状態を劇的に改善することができます。 多くの人にとって、この生きる意志は他の場所から来るのではなく、家族からの愛です。 バングラデシュからの62歳の乳がん生存者であるRazia Nasreen Sultanaは、がん治療中に、家族にもう一度会うという1つの意図しかありませんでした。彼女は「化学療法は、頭痛、吐き気、食べ物を抑えることができないなど、苦しみに満ちていますが、私を動かし続けることが1つあります。それは娘のところに戻って孫に会えるようになることです。かれらは私の人生のすべてです。それが、私が治療の苦しみを乗り越えられた理由です。」と言いました。

他人への愛は生きる意志を強めることができますが、私たち自身への愛は私たちを癌と闘うように駆り立てることもできます。歌は彼女の情熱で、ベトナム出身の53歳の不動産女性、Miss Nguyen Thi Manはこれを実証しました。彼女は「腫瘍が何らかの形で乱された場合、すぐに全身に広がると聞いていたので、すぐに治療を決定することは控えました。しかし、母がガンで亡くなったとき、私には家族がいるので、彼女のようなガンの犠牲者になることはできないと思いました。歌うことは私の人生の真の愛であるため、私が失うことに耐えられなかったもう一つのことは、歌う能力でした。歌唱コンクールでも入賞しました。ステージに上がって歌ったり、友達と楽しい時間を過ごしたりするたびにとても幸せです。」と言いました。現在、彼女は癌がなく、歌のコンテストに参加しています。

上記のように、身体の心理的および物理的要素は非常に関連しています。 特に病気と闘うとき、嵐の中を体を勇気づけるために精神を強化する必要があります。今年の世界対がんデーに、バムルンラード病院のホライゾン地域がんセンター(Horizon Regional Cancer Center at Bumrungrad Hospital)は、がん患者をケアする意志を宣言し、「私は私であり、必ずする」(“I Am and I Will'')というモットーに沿った意志力の強化に参加します。 
 

Related Health Blogs