bih.button.backtotop.text

HPV - Zip Up Challenge: 一生のうちにHPVに感染するかもしれません。

2018年には、世界中で推定57万人の女性が子宮頸がんと診断され、約31万1千人の女性が子宮頸がんで亡くなりました。高リスクのヒトパピローマウイルス(HPV)型による持続感染は、子宮頸がんの主な原因です。

HPV(ヒトパピローマウィルス)16株および18株はこの2種類だけで、すべての子宮頸がん症例の70%に関与しています。
 
さらに、ほとんどの感染者には兆候や症状がないため、ウィルスが知らない間に拡散します。 30歳以上の女性は、併用法(Co- Testing)による子宮頸がん検診を受ける必要があります。     
  

 
201101_Bumrungrad-IDM_Cervical-Cancer-Awareness-Campaign_Carousel_Japanese_AW-02.jpg
 

併用検査とは、HPV DNA検査とパプスメア(細胞診)の二つの検査方法を組み合わせたものです。この検査はウイルスの検出だけでなく、同時に将来癌になる可能性のある異常な細胞を検知します。したがって、この方法は従来のパプスメア検査単独よりも子宮頸がんの初期段階を検出するのに有効なのです

*併用検査は3-5年ごとの実施を推奨されています。しかし異常があった場合は医師を受診し、指示に従ってください。
 
201101_Bumrungrad-IDM_Cervical-Cancer-Awareness-Campaign_Carousel_Japanese_AW-03.jpg
 

Related Health Blogs