bih.button.backtotop.text

HIVとエイズについて

11月 24, 2016

HIV及びAIDSは、世界の主要な死因のひとつであると同時に、人類にとって最大の脅威のひとつでもあります。

世界保健機関(WHO)によると、2015年末現在、世界には3,670万人のHIV/AIDS感染者がいるとされています。

 

HIVとは?エイズとは?

HIV感染の最終段階のことをエイズといいます。HIV(ヒト免疫不全ウイルス)はウイルスで、AIDS(後天性免疫不全症候群)とはHIV感染によって引き起こされる症状のことです。エイズは、HIVに感染したことにより、免疫系が著しく損傷し、感染症を防ぐことができなくなった状態です。
 
HIVに感染しても、必ずしもこのエイズになるとは限りません。
 

HIV・エイズの人体への影響について

HIVが体内に感染すると、免疫系を直接攻撃し、侵入してきた病気に対する防御機能を徐々に弱めていきます。最終的には、ウイルスが体全体を攻撃するようになります。
 
HIVは、病気やウイルス感染を撃退する体内の特定のタイプの細胞(CD4細胞)を標的にします。CD4細胞(Tヘルパー細胞とも呼ばれる)は、免疫システムの重要な一部であり、その機能に欠かせない白血球です。このため、免疫力が低下し、健康な免疫力を持つ人ならば簡単に回避できる病気にもかかりやすくなります。
 
HIV感染症の進行速度や身体への影響は、人によって異なります。個人の健康状態や年齢、治療の早さなどが進行の度合いを左右すると言われています。中にはAIDSにならずに何年も過ごせる人もいます。
 
また、HIV感染がAIDSに発展する時期を早める要因として、遺伝的背景、高齢、栄養不良、C型肝炎や結核などの他の病気との併発などが挙げられます。
 

HIVへの感染

HIVは、血液、精液、膣液、さらには母乳との接触によって感染します。最も多いのが、セックスや注射針の共有、または妊娠中の母子感染です。
 
常に安全なセックスを心がけ、医療機関での受診や娯楽での使用にかかわらず、不衛生な針に触れないように必要な予防措置をとることが重要です。
 
HIVの感染経路についてはいくつかの誤解があります。握手、ハグ、キス、くしゃみ、トイレの共有、食器などを共有、その他接触によってHIVに感染することはありません。
 

HIV感染症の3つのステージ

急性感染期は、HIV感染の最初の段階で、感染後2~4週間で発症します。この段階では、多くの場合、発熱、喉の痛み、腺の腫れ、痛み、発疹、頭痛などのインフルエンザに似た症状が発現します。この一連の症状は、急性レトロウイルス症候群(ARS)と呼ばれています。ARSは、HIV感染に対する身体の反応として発症します。
 
体内でウイルスが大量に産生され、体内のCD4細胞が激減します。この段階において、HIVを感染させる危険性が非常に高いため、感染のリスクを減らすために必要な予防措置を取ることが不可欠です。
 
しかし、免疫系は急性感染の期間を経て、最終的にウイルスを安定させます。これを「ウイルスセットポイント」といいます。これは、ウイルスが体内で安定し、CD4数が再び増加し始めることを意味しますが、決して感染前のレベルには達しません。
 
続いて臨床潜伏期に入ると、ウイルスは体内で生きていますが、症状は、軽症か無症状です。この段階は、「慢性HIV感染症」や「無症候性HIV感染症」と呼ばれることもあります。ウイルスは複製を続けていますが、そのレベルは低くなっています。通常、この時期は10年ほど続きますが、人によってはもっと早く進行することもあります。
 
最後の段階はエイズで、HIV感染がエイズに発展する場合です。
 
健康な免疫系のCD4数は500〜1,600であるのに対し、エイズ患者のCD4数は200を下回ります。日和見感染症とは、健康な免疫系を持つ人には病気を引き起こさない病原体が、免疫系が感染を防ぐことができないために病原体となる感染症のことです。しかし、CD4数にかかわらず、日和見感染症を1つ以上発症した人は、エイズとみなされます。
 

エイズの症状

エイズの症状には次のようなものがあります。
  • 肺炎
  • 記憶喪失、うつ病、その他の神経系の障害
  • 過度の下痢が1週間以上続く
  • 極度の疲労感
  • 繰り返す発熱
  • 大量の寝汗
  • 急激な体重減少
  • 皮膚、口の中、鼻、まぶたにしみができる
  • 口の中、性器、肛門のただれ
  • 首、脇の下、鼠径部のリンパ腺の腫れ


エイズの症状は、単に他の病気に関連した症状である可能性があることに注意する必要があります。感染しているかどうかを確かめるには、HIV検査を受けるのが最も有効とされています。
 

HIV感染症とエイズの治療

現在、HIV感染症とエイズの治療法はありませんが、HIV感染症を治療するための薬はあります。
 
抗レトロウイルス薬(ARV)と呼ばれるHIV感染症・AIDS治療薬は、医学的に承認された25種類以上の薬があります。これらは、HIVが自分自身のコピーを作って広がらないようにする責任があり、さらに他人に広まるリスクを下げるという利点もあります。
 
HIVの治療には、複数のARV剤を組み合わせて感染と戦うことが必要です。これは、抗レトロウイルス療法(ART)として知られています。これは病気を治すものではありませんが、ウイルスをコントロールして、感染者がより長く生きられるようにする方法であり、他の人に病気を感染させるリスクを減らすのにも役立ちます。現在、HIVに感染している人は、ARTを始めることが推奨されています。
 
また、過去72時間(3日)以内にHIVに感染した可能性がある場合は、感染のリスクを軽減するために、曝露後予防(PEP)としてARV製剤を使用することができます。効果を発揮するためには、ウイルスに接触した後、3日以内のできるだけ早い時間に服用する必要があります。
 
また、HIVに感染していなくても、リスクの高いライフスタイルを送っている人が、HIV感染を防ぐために特別な対策を取りたい場合、暴露前予防(PrEP)も選択肢の一つです。この場合、1日1回、錠剤を服用します。
 

なぜ検査が重要とされるのか?

どのような理由であれ、HIVに感染したかもしれないと少しでも思ったら、検査を受けてください。検査は迅速かつ簡単で、無料で検査を受け付ける機関もあります。
 
自分がHIVに感染しているかどうかを知るには、検査を受けるしかありません。早めに検査を受けることで、知らないことへの不安が減り、適切な治療を受ける道が開けます。
 
また、感染していても、早期に診断を受けることで、パートナーや大切な人の健康を守ることができます。たとえ結果が陽性であっても、自分の人生を歩み、できる限り健康を維持するために最善を尽くすことができるようになるのです。

バムルンラードインターナショナル病院 感染症科専門医師 Dr. Anuwat Keerasuntonpong


HIV及びエイズについて質問したい場合は、こちらをクリック
感染症科専門医師と診察を希望される場合は、こちらをクリック


 

お問い合わせ先
  • 一般内科クリニック
    Tel. +66 (0) 2011 2222

Related Health Blogs