Anterior Cervical Discectomy and Fusion (ACDF)(前方頸椎除圧固定術)

前方頸椎除圧固定術( ACDF) は、ヘルニアになった椎間板や変性した組織を取り除いた後に骨癒合させ、頸椎を固定する手術です。

手術目的
神経根や脊髄の圧迫を取り除き、神経圧迫による症状を緩和するための手術です。

手術は全身麻酔で行います。頸部を約 3センチ切開した後、頸筋の間を通って、脊椎の前面から脱出した椎間板を摘出します。摘出により、神経根の圧迫がなくなり、痛みが取り除かれます。その後、摘出部に骨を移植し、隙間を埋めて新たな骨の形成を促し、切開部を縫合します。通常、手術痕は小さくて済みます。
 

手術部位が治癒し癒合するまで脊椎を固定するため、スクリュー(医療用ネジ)を挿入する場合もあります。

  • 手術による筋肉の損傷がないため、非常に痛みの少ない手術です。
  • 回復時間も短くてすみます。
  • 頸椎疾患に最もよく使用されている手術です。
  • 頸椎人工椎間板置換術と比較して手術費用も低額ですみます。
  • こうした頸部の手術によって合併症が起こる確率は低く、通常は軽度のものです。ただし、脊椎手術に共通したリスクとして、以下のようなものが挙げられます:

  • 脊椎部位の癒合に伴う過度な圧迫や負荷による隣接椎間の変性
  • 嚥下障害、一時的な嗄声
  • 移植骨の骨癒合不全
  • 出血、感染症、血栓、麻酔に伴う症状等、外科手術による一般的な合併症
  • 手術前に、リスクや合併症について、医師とよくご相談ください。手術前後の医師の指示に従っていただくことで、外科手術のリスクは軽減されます。

Related Treatments

Doctors Related

Related Centers

Rating score 5.71 of 10, based on 7 vote(s)

Related Health Blogs