bih.button.backtotop.text

患者様の権利と責任



患者様の権利

当院は、患者様とご家族の皆様のご協力のもと、より良い医療を提供して参ります。患者様の権利をお伝えすることは私たちの責任でありますが、患者様にもご自身の治療に関して行っていただきたいことがあります。皆様には、治療プランに関して、ご不明な点があればご質問いただき、積極的に関わっていただきたいと考えております。疑問に思われる点、ご不明な点がありましたら、ぜひスタッフやマネージャーにお問い合わせください。

院内では、患者様は、以下の権利を有します:
  1. すべての患者様は、憲法に述べてあるように、医療専門家から平等に医療サービスを受ける基本的な権利を有します。
  2. 患者様は、ご自身のご病気、検査、治療に関する正しく適切な情報、またそのベネフィット及びリスクに関する情報を、治療開始前に適切な言語で、十分に知る権利を有します(ただし生命を脅かすような緊急を要するケースを除く。
  3. 生命の危険を伴う患者様は、ご要望がない場合でも、医療専門家から緊急医療処置を受ける権利を有します。
  4. 患者様は、担当の医療従事者の名前及び専門性を知る権利を有します。
  5. 患者様は、他の医療専門家からのセカンドオピニオンを得る権利を有し、ご希望があれば他の医療専門家または医療保険の契約条件を満たす他の医療施設に移ることができます。
  6. 患者様の同意がある場合、またはメディカル・ベネフィットを利用するため医療専門家による医療情報が要求されている場合を除いて、患者様は個人医療情報が守られる権利を有します。
  7. 患者様は、治験に参加するかどうかを判断する前に、十分に説明を受ける権利を有します。
  8. 患者様は、他者の権利が犯されないない限り、病院のルールや規則に従い医療記録の情報を要求することができます。
  9. 患者様が18歳以下の場合やご自身に十分な判断能力がない場合、両親または法的な保護者が、ご本人に代わってこれらの権利を行使することができます。
疑問、不明点、コメントがある場合は以下の方法でご連絡ください::
  1. 直接スタッフに伝える。(担当看護師または担当医)
  2. フィードバックカードにコメントを記入しスタッフに渡す、または院内にある投書箱に入れる。
  3. 当院のコンタクトセンターに連絡する(内線“00”番、または外線0-2066-8888)
  4. Eメールを:[email protected]に送付する。


患者様の責任

 
  1. 患者様は、診断や治療に関する同意書に署名する前に、その情報及び潜在的なリスクについてお伺いください。
  2. 患者様は、担当の医療専門家に医療及びその他の情報を正確にすべてお知らせください。
  3. 患者様は、治療に関して医療専門家に協力し、指示に従ってください。もし従えない場合は、医療専門家にお知らせください。
  4. 患者様は、以下の病院のルール・規則に従ってください::
    1. 患者様は、病院から請求書をお受け取りになられたらすぐに、保険会社からの還付のために必要な情報をすべてお知らせください。
    2. 患者様は、治療指示書やリビングウィル、あるいは治療に対するご希望を明記した文書ののコピーをお渡しください。
    3. 診察のご予約の日時をお守りください。また、ご予約の変更の必要性が生じた場合にはご連絡ください。
    4. 患者様は、クレームの解決に際し、病院のマネージメントの担当者にご協力をお願いいたします。
    5. 患者様は、ご入院の際、不必要な貴重品を持参せず、入院に必要な最低限の荷物のみをご持参ください。
    6. 患者様の安全のために、入院中は主治医や看護師の許可なしには、外出は禁止されております。
    7. 患者様は治療に関し、病院からの指示がない限り、病院からの医療及び看護処置のみを受けてください。他の方やご自身では処置を行わないでください。
  5. 患者様は、医師やスタッフ、他の患者様、お見舞いの方々に礼節を持ってご対応ください。
  6. 患者様は、所定の書類をご提示の上、会社や保険による医療給付に関してお知らせください。
  7. 患者様は治療を受けるにあたり、医療に関する下記の記述について充分ご理解いただきますようお願いいたします:
    1. 医療専門家は、その医療倫理に従って行った行為については、法の保護の下に不当な非難から保護される権利を有します。
    2. 医療ケアとは、現時点で、患者様にとって不利益より利益が上回ると科学的に証明されている医療技術によるケアのことです。
    3. 医療には限界があり、疾患や症状に対し、診断、予防、治療がすべて可能であるとは限りません。
    4. 医療専門家が最善の注意のもとに医療行為を行ったとしても、全ての医療行為には予測不能な結果が生じる可能性があります。
    5. 技術的制限その他の問題により、スクリーニング、診断、経過観察等で不正確な結果が生じる可能性があります
    6. 医療専門家は、状況に応じ、経験的証拠に基づいた治療法を示したり、必要に応じて他の医師に紹介する権利を有します。
    7. 医療専門家は、緊急または生命に関わる事態を除いて、別の医師・病院の意見を伺ったり、患者様を紹介する場合があります。
    8. 患者様が必要な医療情報を開示されないことにより、医療専門家による治療の効果が妨げられる場合があります。
    9. 病院の救急施設は、生命に関わる緊急事態にある患者様のために設けられているものです。
病院スタッフに対する暴力及び言葉による脅迫や威嚇は許容されるものではありません。病院スタッフに対して暴力を行使する方は法的な措置を受け、病院のサービスを受けられなくなるおそれがあります。
 


倫理相談

当院の倫理委員会は、治療の選択において倫理的問題や疑問を持つ患者様やご家族様が相談するための機関です。ご相談されたい方は、当院コンタクトセンター(内線00番)または外線0-2066-8888にご連絡いただき、担当者に倫理委員会に相談をしたい旨をお伝えください。