bih.button.backtotop.text

気温が下がるにつれて、子供たちの健康のリスクが高まる

 
気温が下がるにつれて、子供たちの健康のリスクが高まる
 
新しい季節ごとに、子供たちは新しい様々な活動を楽しみます。
 
しかし同時に、季節によっては、さまざまな望ましくない病気にかかり、子供たちは、一定の時間または長期間にわたりベッド過ごさなければならなくなることがあります。

 
寒い季節
 
これは、一般的に最も待ちわびているシーズンです。なぜなら、お祭り、休日のお祝い、贈り物をする時期だからです。
 
しかし、より涼しい天候は、以下のようなあまり望ましくない病気をもたらす可能性があります:
 

  • 肺炎は、肺の感染または炎症であり、さまざまな細菌、ウイルス、真菌によって引き起こされる可能性があります。これは幼児によく見られる病気です。主な症状には、発熱、咳、呼吸困難(息苦しさ)、呼吸促迫(呼吸が速い)、息切れなどがあります。

 
主な予防策は、頻繁に手を洗い、休息をしっかりとり、きれいな水をたくさん飲むことです。また、混雑した公共の場所に子供を連れて行くことは避け、子供が特定の種類の肺炎だけでなく、インフルエンザ、はしか、百日咳など肺炎を引き起こす可能性のある疾患のワクチンも接種するようにしてください。
 

  • クループ(喉頭気管気管支炎)は、3歳未満の子供によく見られます。子供は、ウイルスを吸い込んだり、ウイルスで汚染された物の表面やおもちゃに触れたりすることで感染することがあります。より分かりやすい症状には、大声で乾いた「吠える」ような咳、高熱、しわがれ声、喘鳴、苦しそうな呼吸などがあります。一般的には、子供は症状は軽症で、通常2〜3日以内に自然に回復します。

 
まれに、より重症なケースでは、気道閉塞により窒息、死にいたる可能性があります。クループは、手洗いを頻繁に行うこと、呼吸器感染症にかかっている人に子供が近づかないように注意すること、また、クループを引き起こすことが知られている特定の疾患に対してワクチン接種すること等で防ぐことができます。
 

  • 風邪は、ほとんどの場合、風邪を引き起こすウイルスへ曝露されることによって引き起こされます。これは非常によくあることです。特に子供の場合、子供の免疫システムは大人の免疫システムほど効果的あるいは強くないため、極めてよくあります。

 
風邪は、感染した人々と接触することや、子供が身の回りの物と接触することを通じて、空気を通して呼吸器系に広がります。
 
アレルギーのある子供は感染のリスクが高く、慢性的な風邪や副鼻腔炎や気管支炎などの他の合併症にかかる可能性もあります。
 
主な症状は、透明な鼻水、咳、くしゃみ、鼻づまりです。発熱を伴う場合、ほとんどの場合は熱はそれほど高くなく、通常は7日程度で自然に治ります。
 
常に清潔にすることで予防し、子供が5つの主要な食品グループからなる健康的な食事を摂取しているか確認し、強くなるために年齢に適した運動をするようにしましょう。
 

  • インフルエンザもまた、感染した人と接触する時、主に呼吸器系の飛沫感染により広がるウイルスによって引き起こされます。たとえば咳やくしゃみをした場合、または他の人が鼻汁や唾液を介して汚染されたものと接触した場合などです。

 
これら2つの病気の症状は非常に似ているため、特別なインフルエンザウイルス検査以外では、一般的な風邪とインフルエンザの違いを見分けるのは難しいことがよくあります。
 
このため、インフルエンザの症状の重症度を軽減できる薬があることから、子供がインフルエンザやその他の健康上の問題で感染のリスクがあるかどうかを判断するために、さらに検査が必要になる場合があります。インフルエンザは予防接種で予防することもできます。
 

  • 細気管支炎は、すべての年齢の子供に共通の病気です。それは、インフルエンザウイルス、麻疹ウイルス、RSVウイルスなどが、主な原因です。それは、感染源を含む液滴を介してうつる可能性があります。感染した分泌物に直接触れたり、または感染した分泌物によって汚染された手や物に触れることなどです。

 
最初は、子供はインフルエンザのような症状を示しますが、咳がより多くなります。
 
この疾患は通常それほど深刻ではありませんが、免疫力の低い子供では、肺炎になり、重症化することがあります。インフルエンザの予防と同様に、子供たちはインフルエンザの予防接種を受け、体を強く健康に保つための手順を踏まなければなりません。また、5つの食品グループのすべてから健康的な食事を摂取し、衛生的な環境であること確認する必要があります。
 
 
編集:バムルンラードインターナショナル病院 小児科


Compiled by the Pediatrics Department,Bumrungrad International Hospital

Children's (Pediatrics) Center:
Open Daily 7.00 a.m. to 8.00 p.m.

Bumrungrad International Clinic (BIC) Building, 17th floor
Bumrungrad International Hospital, 33 Sukhumvit 3, Wattana, Bangkok 10110 Thailand
Tel : 02-011-3791

Related Health Blogs