bih.button.backtotop.text

Bumrungrad Health Blog

選択したフィルタ: すべて

タイプ : すべて

すべてクリア

ビタミンDは足りていますか?

ビタミンD不足・欠乏は一般的に多くみられます。ビタミンDはカルシウムの吸収やその他の重要な働きをするため、これが不足したり、あるいは欠乏症を起こすと、重要な問題を引き起こすことがあります。

続きを読む

三種混合(百日せき・ジフテリア・破傷風混合)ワクチンは打ちましたか?

ジフテリアは、ジフテリア菌(Corynebacterium diphtheriae)が放出する毒素によって起こる伝染性の病気です。喉の奥に厚い被膜ができ、呼吸困難や麻痺、心不全を引き起こし、死に至ることもあります。治療を受けても、ジフテリアにかかった人の10人に1人は死亡すると言われています。

続きを読む

帯状疱疹はワクチンで予防できる!

帯状疱疹は、ヘルペスとも呼ばれ、水痘の原因と同じ水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)によるウイルス感染の1つです。水疱瘡から回復した後、水痘帯状疱疹ウイルスは体内で不活性な状態になります。その後、体の免疫力が低下したときにウイルスが再活性化し、帯状疱疹を引き起こすことがあります。

続きを読む

高齢者の骨折について

高齢の患者さんは、滑って転倒するなど、一見すると小さな衝撃でも骨折することがあります。若い方であれば打撲や筋挫傷で済むような転倒でも、高齢の方では股関節や椎骨の圧迫骨折につながる可能性があります。その主な原因は、50代以上の方に多い骨粗鬆症による骨量の変化にあります。実際、世界では3秒に1人の割合で高齢者が骨折しているという統計があります。

続きを読む

前立腺がんについて知っておくべきこと

前立腺がんは男性に最も多い病気です。前立腺がんの早期発見のためにも、特に疾患発生の可能性を高める要素のある方は、40歳以上の男性は、毎年、年に一回の健康診断を受けることが非常に重要です。

続きを読む

A Breath of Fresh Air - コロナ後遺症を抱える患者さんに寄り添う肺専門医

救命救急・集中治療室での肺・呼吸器科専門医として入院患者さんの治療をし、一方で新型コロナ感染症の後遺症や、肺・呼吸器疾患、また睡眠外来での外来を持つProf. Dr. Chok Limsuwatの日常ははっと息をのむような緊張感が漂っていると思われがちである。しかしDr. Chokは、「救命救急医というのは、重篤な患者さんを診るのが仕事であり、重症患者さんを診るということは、情熱が必要で、常に細部にまで気を配らなければなりません。集中治療室での治療を必要とする重症患者を含めて、あらゆる種類の患者さんに柔軟に対応できるように常にスタンバイするというのは日常化してしまいました。」と語る。

続きを読む

あなたの睡眠は大丈夫?その症状「不眠症」かも知れません。

不眠症、つまり睡眠の問題は、急性のものと慢性のものがあります。睡眠衛生を良くすることで改善される場合もありますが、少なくとも週に3日、3ヶ月連続で症状が出る場合は、総合睡眠外来「スリープクリニック」を受診してください

続きを読む

A HEARTFELT MISSION

バムルンラード病院の心臓専門医であり、同循環器科センターの経営陣の一人でもあるDr. Achirawin Jirakamolchaisiriが、患者さんへの「心から」のヘルスケアのご提供がいかに重要であるか、そのビジョンを語っています。

続きを読む

バムルンラード病院の産科病棟は、リノベーションを経て、ワールドクラスのサービスをご提供します。

バムルンラード病院は、患者さんに、国際的に認証を受けた最高のヘルスケア及びポジティブな環境をご提供し続けています。ママと赤ちゃんのために、リラックスできる環境を整え、最高のヘルスケアと経験をご提供できるよう、患者さんとそのご家族の安全と快適性を追求しています。

続きを読む