bih.button.backtotop.text

蒸気による前立腺肥大治療 シンプル・即効性があり・安全な、新しい前立腺肥大症治療法

2月 02, 2022

前立腺肥大症は、60歳以上の男性の半数、70歳以上の男性の8割がかかるといわれている病気です。前立腺肥大症は、頻尿、尿を長時間我慢することができない、尿の流れが悪い、尿の出が悪いなどの排尿障害を引き起こします。これらはいずれも患者さんのクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)に大きく影響します。

前立腺肥大症の治療は、従来、薬物療法と手術が主流でした。しかし、外科手術は怖い、薬物療法は副作用が心配という方でも安心して受けられる、画期的な治療法が登場しました。さらに、水蒸気療法に関する研究の結果、その有効性と安全性が証明されました。蒸気による前立腺肥大治療は、2015年にアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)に認定され、タイFDAもその使用を承認しました

 

水蒸気療法とは?

水蒸気療法は、水蒸気のみを使用するため、安全性が高く、シンプルでかつ効果的な前立腺肥大症の治療法です。内視鏡を尿道から前立腺に挿入し、熟練の医師が適切な機器を用いて、わずか10-15分で治療できます。その後、前立腺の大きさに応じて、内視鏡から摂氏103度の水蒸気を約4-6回噴射して、前立腺内に導入します。1回の水蒸気の噴射時間はわずか9秒で、細胞の隙間に入り込み、細胞を破壊し、自然に死滅させるまでの間、水蒸気が放出されます。その結果、前立腺が小さくなり、狭くなっていた尿道が広がり、尿の通り道が広くなります。

 

治療後は自宅でどのように過ごすか?

治療が終わると、尿カテーテルを挿入します。カテーテルが挿入されている間は、約3-5日間が目安、患者さんは自分で排尿する必要はありません。尿カテーテルを挿入することで、炎症が早く収まり、回復が早くなります。カテーテルを抜いた後は、腫れが残っているため排尿が困難になることがあります。また、術後約4-6週間は排尿時に熱を帯びたり、わずかな出血、また精液に血液が混入することもあります。しかし、これらの症状は通常2週間以内に

 

水蒸気療法のメリットは?

  • 尿路から内視鏡を挿入するため、切開の必要がありません。
  • 全身麻酔の必要はなく、静脈内鎮静法、鎮痛剤、局所麻酔薬で十分です。
  • 手術は短時間で終了します。
  • 日帰り手術で、入院の必要はありません。
  • 勃起不全のリスクが軽減されます。
  • この治療は、外科的な手術のリスクが高いと判断されたグループの患者さんに適しています。
  • 5年間の研究では、その後2-5年にわたり経過観察すると、効果が継続することが分かっています。  


水蒸気療法はどのような人に向いているのですか?

水蒸気療法は、前立腺肥大症と診断された患者さんや、前立腺に関連する症状を持つ患者さんに適しており、以下のグループが該当します。
  • 50歳以上の方
  • 前立腺の重さが30-80グラムの男性
  • 薬物療法が無効な方、または薬物療法による副作用がある方
  • 全身麻酔を長時間必要とする外科的治療には適さない患者さん
  • 尿路感染症の兆候のない男性
  • 陰茎プロテーゼ(勃起補助具)を装着していない方
 

水蒸気療法に伴うリスクは?

水蒸気療法では、以下のような短期的な副作用や軽微な問題を伴う場合があります。
  • 排尿困難
  • 尿や精液に血が混じることがある
  • 頻繁に尿意を催す
  • 尿が出なくなる
  • 精子の生産量の減少
  • 尿路感染症

バムルンラート病院泌尿器科センターは、タイで初めて水蒸気療法による治療を開始しました。泌尿器科センターでは、さまざまな手技を用いた前立腺疾患の治療において長年の経験を持つ、高度な訓練を受けた泌尿器科医で構成されています。当院の泌尿器科チームは、患者さんの治療過程を通して質の高いケアを提供するために不可欠な知識と専門性を備えています。患者さんに、最善の治療、ケア、結果を感じていただけるよう、治療後の経過観察やモニタリングも大切にしています。


 
お問い合わせ先
  • 泌尿器科
    +66 (0) 2011 2222

Related Health Blogs