バムルンラード健康ブログ 第18回 DNA検査

遺伝子やDNAと私たちの健康の関わりは深く、どれだけ長く、またどれだけ健康に生きられるかに大きな影響を持っています。がんや糖尿病と言った重大な疾患の多くが、遺伝的な要素によっても左右されます。もし自分の遺伝的要因による健康リスクを知ることができるとしたらどうでしょうか?
 
医療が発展し、その焦点が病気の管理から病気の予防へとシフトしてきたことに伴い、一人ひとりの健康に関する個別のリスクを知るための遺伝子検査というものが広く取り入れられるようになってきました。VitalLife Scientific Wellness Centerでもこの遺伝子検査を導入し、骨や脳の健康、毒性、グルテン不耐性、心臓の健康、免疫力、乳糖不耐性、肥満、2型糖尿病、ビタミンD欠乏について調べることができます。また女性の場合にはホルモンバランスについても検査を行います。
 
仮に2型糖尿病についてハイリスクであるという検査結果が出た場合、何ができるでしょうか?担当医とともに体重や食生活、運動習慣などについて見直すことで、最適の生活習慣を送ることができます。また、A1Cや経口ブドウ糖負荷試験などの関連した検査をより高い頻度で受けるようアドバイスができるため、健康に何か問題が生じはじめた場合でもその兆候により早く気付くことができます。
 
今回は、遺伝子検査に関してよくある質問についてお答えしたいと思います。

どのような人が遺伝子検査を受けるべきでしょうか?
男女を問わず、20歳以上の成人で遺伝的な疾病リスクを知って健康増進をしたい成人の方全てが対象です。これらのリスクを予め知ることで、健康に問題が生じる前に予防のための手段を講じることができます。

 

検査により何がわかりますか?
検査結果レポートでは11に大別された分野における疾病リスクについて3段階で評価がなされます。仮にハイリスクであっても、必ずしもその病気になるわけではありません。食生活や生活習慣、環境的な要素により健康に問題を生じさせる可能性のある遺伝子の変異や欠損について知ることができるのです。

 

かかっている病気について知ることができますか?
いいえ、遺伝子検査は病気の診断のために用いられることはありません。

 

どのように検査が行われるのですか?
非侵襲の検査で、唾液を採取して行います。採取した検体は直ちにVitalLife内にあるラボ施設に送られ、遺伝子を取り出して分析を行います。

 

どのような準備が必要ですか?
唾液を採取する30分前から絶飲食をする必要があります。

 

結果がわかるまでどのくらいかかりますか?
遺伝子検査の結果が出るまでには1か月程度を要します。VitalLife内のラボにて分析が行わるため、検査のクオリティを高く保ち、また比較的早く結果を出すことができるのです。

 

結果についてどのようにして知ることができますか?
検査後1か月ほどで検査結果をEメールにてお送りしています。その後、医師と面談をして検査結果について話し合います。面談時間はおよそ40分程度です。

 

医師との面談は検査費用に含まれていますか?
はい、検査費用に含まれています。

 

加齢とともに検査結果は変わりますか?
私たちの遺伝子は一生涯変わることはありません。ですので、遺伝子検査を受ける必要は一回限りとなります。人生の早い段階で検査を受けるメリットは大きく、将来起こり得る健康問題を知ることで、生活習慣などを見直し、リスクを低くすることができます。

 

個人情報は守られますか?
VitalLifeでは秘密保持に関して厳格な体制をととのえています。個人情報が外部に流出することは決してありません。

 

検査を受けるにはどのようにしたらよいですか?
まずはVitalLifeにご予約ください。また、ご予約時間の30分前から絶飲食して頂けますようよろしくお願い致します。通常、検査は30分以内に終了します。

Related Health Blogs