Vascular Specific Laser Treatment(レーザーによる良性の血管病変の治療)

良性の血管病変 は、血管の肥大化や小さな血管の固まりによる症状で、赤血球をターゲットにレーザーを当て、熱反応を起こして血管を破壊する血管病変用レーザー治療によって、安全かつ簡単、効果的に治療することができます。

施術方法
治療方法は、病変の種類や大きさによって異なります。小さな血管の損傷であればわずかなレーザー照射で治療できますが、ポートワイン母斑等、より多くのレーザーの照射が必要となるものもあります。また、脚の血管病変(クモの巣状・網目状静脈瘤)の治療では、複数回の治療が必要となる場合もあります。

血管病変や肥大した血管のある方

外科的処置にはリスクが伴います。処置への同意前に、リスクについて十分にご理解いただく必要があります。受診時に医師より十分な説明を受け、不明な点があれば必ずご質問ください。

施術前には、施術に伴うリスクについて説明を受けたこと、リスクを理解し承諾していることについて同意書にご署名いただきます。医療機関必須の手続きですので、同意書へのご署名がない場合、施術は行いません。

施術の結果に影響するまたはリスクを高める可能性のある薬剤の服用・使用、病歴、内科的合併症等がある場合は、必ず事前に医師へお伝えください。

リスクやその程度は関連要因によってひとりひとり異なります。 非常に可能性の低いものを含め、本施術には以下のようなリスクが伴います:

 

一時的な腫れ・不快感、治療対象部位の変色(皮膚の色が薄くなる)、急性の光線過敏症、化粧品に対する過敏性、肌がピンク・赤みがかる( 6ヶ月程度続く場合もあります)

 

治療時間: 治療時間は数分から1時間以内ですが、複数回の治療が必要となる場合もあります。通常、入院は必要ありませんが、入院を要する他の治療法方法を併用する場合は必要となります。


麻酔: 不要


副作用: 一時的な腫れ・不快感、治療対象部位の変色(皮膚の色が薄くなる)、急性の光線過敏症、化粧品に対する過敏性、肌がピンク・赤みがかる(6ヶ月程度続く場合もあります)

職場復帰:2週間

激しい運動:4~6週間

赤み:約3ヶ月

色素沈着・日光暴露:6~12ヶ月

上記は、あくまで治療前の参考資料です。実際の治療方法については、医師へご相談ください。

ご質問等ありましたら、お問い合わせください。

Related Treatments

Doctors Related

Related Centers

Rating score 8.33 of 10, based on 6 vote(s)

Related Health Blogs