血管病変の治療

血管病変には、血管の肥大化によるもの(ポートワイン母斑)と一箇所に過剰な血管が形成されるもの(血管種)があります。

一般的な血管病変は以下のとおりです:

血管腫

一般的な血管病変で、様々なタイプの血管の形成に伴うものです。生後数週間で現れ始め、その後約1年間は増大していきます。一般的な血管種は以下の2つです:

  • イチゴ状血管種:わずかに隆起したイチゴのような赤色の斑で、生後すぐに現れ始めます。体のあらゆる箇所に発症する可能性があります。
  • 海綿状血管種:青みがかった斑で、生後すぐに現れ始めます。体のあらゆる箇所に発症する可能性があります。

火炎状母斑とも呼ばれ、ピンク、赤または紫色の平らな斑です。出生時からあり、顔、腕、脚に発症する場合が多くあります。成長するに従って増大していきます。

ポートワイン母斑は自然に消えることはないため、まぶたや額など(旧ソ連のゴルバチョフ元大統領のように)目立つ場所にある場合は治療が必要となることがあります。

血管病変の治療 には以下のような方法があります。治療方法を決定する前に、ご自身の状態について皮膚科医へご相談ください。

  • レーザーによる良性の血管病変の治療
  • 炭酸ガス(CO2)レーザー治療

ご質問等ありましたら、お問い合わせください。

Related Treatments

Doctors Related

Related Centers

Rating score 10.00 of 10, based on 3 vote(s)

Related Health Blogs