Uterine Embolization(子宮動脈塞栓術)

子宮動脈塞栓術 (子宮筋腫の動脈塞栓術)は、カテーテルを子宮動脈に挿入して小さな塞栓物質を注入することで、子宮筋腫への血流を遮断する治療法です。

How is it done?
Uterine embolization generally takes one to two hours. It is generally performed under a local anesthesia, which numbs the groin area, usually combined with intravenous sedation. Although in some cases a general anesthesia may be used. During the procedure the Interventional Radiologist makes a 3-4 mm. cut in the skin at the groin. A catheter is inserted into the femoral artery. Radiographic contrast material is injected to allow mapping of the blood vessels as the catheter is threaded through the uterine arteries. Tiny particles are injected into the uterine arteries blocking blood flow to the fibroid tumors. Once completed the skin puncture is cleaned and bandaged.
子宮動脈塞栓術は、子宮筋腫による出血や痛み等の症状の治療に用いられます。子宮筋腫を摘出する開腹手術よりも侵襲性が極めて低い手術です。

子宮動脈塞栓術はリスクの低い手術です が、外科手術のため、以下のような合併症のリスクがあります:

  • 感染症(抗生物質の服用やときには入院が必要となる場合もあります。)
  • 手術中および手術後の大量出血
  • 卵巣の損傷、瘢痕組織形成、不妊症
  • 麻酔に伴う合併症
  • 一時的なアレルギー反応や発疹
  • 一時的な生理不順

手術前および手術後に医師の指示に従っていただくことで、合併症のリスクは軽減されます。

従来の子宮摘出術、ホルモン療法、筋腫摘出術の他、電流、超音波、液体窒素を使用した筋腫の治療等、医師より子宮動脈塞栓術以外の治療法を提案する場合があります。

子宮動脈塞栓術に最も適しているのは、子宮筋腫による痛みや出血等の症状のある方です。事前検診の後、患者様と相談の上、婦人科医および放射線科医が適応性の最終判断を行います。

Related Treatments

Doctors Related

Related Centers

Rating score 8.00 of 10, based on 4 vote(s)

Related Health Blogs