Non-Ablative Laser Resurfacing(非剥離性レーザーによる皮膚治療)

Colon cancer is caused by the uncontrolled growth of cells in the colon. It may take years to develop, and at the early stage, there may only be an abnormal growth of tissues known as polys, However, these polyps can then develop into cancer if left untreated or not removed.

施術方法

皮膚の外層を傷つけないため、合併症のリスクを伴う長い治癒期間もなく、すぐに日常生活に戻ることができます。

表皮を傷つけることなく、真皮の「目標」組織にレーザーを当てます。吸収されたレーザーが線維芽細胞を活性化させ、コラーゲンの再形成と新たな生成を促します。

顔のシワ、酒さ、日焼けによる傷み、高色素沈着、加齢によるシミや肝斑、皮膚表面の軽度のムラの治療に適しています。従来のリサーフェシング技術と異なり、体のほとんどの部位に使用でき、傷跡が残るリスクもゼロかほとんどありません。

目の周りのシワ、ほうれい線、ニキビ痕、首のシワ・ちりめんジワ等のある方

外科的処置にはリスクが伴います。処置への同意前に、リスクについて十分にご理解いただく必要があります。受診時に医師より十分な説明を受け、不明な点があれば必ずご質問ください。

施術前には、施術に伴うリスクについて説明を受けたこと、リスクを理解し承諾していることについて同意書にご署名いただきます。医療機関必須の手続きですので、同意書へのご署名がない場合、施術は行いません。

施術の結果に影響するまたはリスクを高める可能性のある薬剤の服用・使用、病歴、内科的合併症等がある場合は、必ず事前に医師へお伝えください。

リスクやその程度は関連要因によってひとりひとり異なります。 非常に可能性の低いものを含め、本施術には以下のようなリスクが伴います:

場合によって軽度の水膨れを伴う一時的・永久的高色素沈着、眼の損傷(レーザーが眼に照射された場合)

低いものを含め、本施術には以下のようなリスクが伴います:

場合によって軽度の水膨れを伴う一時的・永久的高色素沈着、眼の損傷(レーザーが眼に照射された場合)

治療時間: 最大の効果を得るためには、1ヶ月に一度、3~5回の通院をお勧めします。1回の治療時間は30分以内です。

麻酔: 局所麻酔

治療後の回復は早く、数週間かけて徐々に肌のきめやハリがよみがえり、自然で繊細な若々しい肌になります。

上記は、あくまで治療前の参考資料です。実際の治療方法については、医師へご相談ください。

ご質問等ございましたら、お問い合わせください。

Related Treatments

Doctors Related

Related Centers

Rating score 10.00 of 10, based on 2 vote(s)

Related Health Blogs