Endoscopic Discectomy for Lumbar and Cervical Disc Herniation(腰部および頸部椎間板ヘルニアの内視鏡による椎間板切除術)

Colon cancer is caused by the uncontrolled growth of cells in the colon. It may take years to develop, and at the early stage, there may only be an abnormal growth of tissues known as polys, However, these polyps can then develop into cancer if left untreated or not removed.

椎間板ヘルニアとは?

椎間板 は、自動車の緩衝装置のように脊柱の動きを助ける役割を担っており、外側の厚い繊維輪と内側の柔らかいゼラチン状の組織で衝撃を吸収します。負荷がかかると拡張し、負荷がなくなると元の形に戻ります。
 

椎間板に変性が生じると、柔軟性が低下します。それによって外側の輪が裂けてしまった場合、中央の柔らかい部分が突出して周辺の神経を圧迫し、様々な症状を引き起こします。

 


椎間板ヘルニアの症状は、痛み、筋力の低下、痺れの3つに分けられます。

痛み

神経が圧迫されることによって、腕や脚に神経の通り道に沿って走るような痛みが生じます。痛みの症状は、圧迫されている神経によって異なります。

筋力の低下

脊柱の神経は筋肉の動きをコントロールします。そのため、脊柱の神経が圧迫され、脳からの電気信号の伝達に乱れが生じると、筋力が低下した状態となります。

痺れ

神経が圧迫されると、その神経とつながっている皮膚の表面の感覚がなくなります。

脊柱に問題がある状態の場合、背腰部痛が起きるものと考えられがちですが、実際には、手足に出る症状が重要な症状となります。手足の症状は、神経の機能が妨げられていることを意味するためです。
 

椎間板ヘルニアの症状は、同じく神経の圧迫を原因とする脊柱管狭窄症の症状に似ていますが、脊柱管狭窄症とは異なり、神経周辺の炎症が起きているために急性症状が出ることが多く、より激しい痛みを伴います。重症の場合は日常生活にも支障が生じるほどになります。

痛みが激しい場合も、外科手術が必ず必要となるわけではなく、通常は、外科手術以外の方法での治療が可能です。医師が神経の細かな診断を行い、最適な治療方法を決定します。
 

まず、薬物療法と通常の理学療法から開始して、症状が改善されない場合、脊柱管へのステロイド注射に移ります。ステロイド注射は患部の炎症を抑え、回復期間も短い治療法です。
 

上記のいずれでも症状が改善されない場合、もしくは筋力の低下、3ヶ月以上の慢性的な痛み、排尿や排便の制御不能等、外科手術に適応する場合、最終手段として神経の圧迫を取り除く手術を提案します。

手術用顕微鏡を使用した従来の手術では、神経を圧迫している余分な骨や椎間板を削るため、健康な組織を切開する必要があります。術野の確保のため、切開部を広げる必要のある場合もあります。
 

内視鏡手術では、わずか8ミリ程度の切開部から内視鏡を挿入し、内視鏡の先端に付いているレンズで、医師が肉眼で見るように体内の状態を確認することができるため、異常発見の精度が高くなります。また、必要以上に健康な筋肉や組織を傷つけることなく、病変のみを摘出することができます。

内視鏡は、カメラを内蔵しており、指先よりも細く、直径わずか 8ミリという細長い管状の医療器具です。先端のレンズは、周辺器官をより明瞭に観察できるよう、少し斜めに角度がつけられています。また、照明用の光ファイバーによって良好な術野の確保が可能となるとともに、小さな送水管も取り付けられています。全ての手術器具はこの細い管を通して送られるため、切開部は8ミリで済みます。

 

内視鏡手術の利点

  • 切開部が小さいこと
  • 手術中の痛みが少ないこと
  • 感染症のリスクが低いこと
  • 手術部位周辺の健康な組織を傷つけるリスクが少ないこと
  • 回復が早いこと(手術後 24時間以内に帰宅できます。)
  • 手術費用が安いこと
麻酔の後、8ミリの切開部から、圧迫されている神経へ内視鏡を直接挿入します。周辺の健康な組織を傷つけることはありません。内視鏡により、手術部位をはっきりと確認することができるため、圧迫原因が椎間板の膨隆でも関節や靭帯による締め付けの場合でも、圧迫されている神経の周辺のみを切り取ることができます。手術時間はおよそ30分から45分です。手術後すぐに歩くことができます。
他の治療法で効果が見られない場合、慢性的な痛み、下肢の明らかな脱力、排尿・排便障害等の症状がある場合、脊椎内視鏡下手術が検討されます。

Related Treatments

Doctors Related

Related Centers

Rating score 10.00 of 10, based on 3 vote(s)

Related Health Blogs