bih.button.backtotop.text

三種混合(百日せき・ジフテリア・破傷風混合)ワクチンは打ちましたか?

11月 04, 2022
ジフテリア・破傷風・百日咳とは?
ジフテリアは、ジフテリア菌(Corynebacterium diphtheriae)が放出する毒素によって起こる伝染性の病気です。喉の奥に厚い被膜ができ、呼吸困難や麻痺、心不全を引き起こし、死に至ることもあります。治療を受けても、ジフテリアにかかった人の10人に1人は死亡すると言われています。

破傷風は、毒素を放出する細菌、クロストリジウム・テタニによって引き起こされる命にかかわる病気です。この毒素は、通常全身に強い痛みを伴う筋肉のけいれんを引き起こします。顎がロックされ、口が開かなくなったり、飲み込めなくなったり、呼吸ができなくなったりすることもあります。破傷風は、感染者の5人に1人が死亡する病気です。

百日咳は、百日咳菌という細菌によって引き起こされる呼吸器系の感染症です。病気の名前の通り、制御不能の激しい咳をするようになります。百日咳にかかった大人の20人に1人が入院したり、合併症を起こしたりします。大人は百日咳を乳幼児にうつす可能性があり、乳幼児は重症化、入院、死亡するリスクが最も高い病気です。

 
感染経路は?
 
ジフテリアと百日咳は、咳やくしゃみによって人から人へ伝染します。破傷風は人から人へは感染しませんが、切り傷、引っかき傷、傷口から体内に侵入します。

 
身近な病気なのか?
 
破傷風の原因となる細菌は、環境の中のどこにでも存在します。現在では、破傷風のほぼすべての症例は、破傷風ワクチンを接種したことがない人、破傷風ワクチンの全コースを受けていない人、ブースター接種を無視した人に見られます。

ジフテリアは、ワクチン接種の普及により、もはや一般的ではなくなりました。しかし、ジフテリアの流行は今でも世界中で起こっており、ワクチンを受けていない人にとっては脅威となる可能性があります。

百日咳は、依然として世界中の子どもたちの間で大きな健康問題になっています。思春期や成人の間での発生が毎年報告されています。成人の場合、咳はそれほど何日も続きませんが、乳幼児の場合、症状はさらにひどくなることがあります。咳の代わりに「無呼吸」で来て、その後呼吸が止まってしまうこともあるのです。百日咳にかかる赤ちゃんの多くは、親や兄弟、介護者から感染し、そのことに気づいていない可能性があります。


 
ジフテリア・破傷風・百日咳ワクチンとは?
 
ジフテリア・破傷風・百日咳ワクチンは、3種混合ワクチンで、百日咳抗原とジフテリア、破傷風のトキソイドからなる不活性ワクチンです。タイでは、年齢層に応じて組成や製剤、組み合わせが異なる主に2種類の本ワクチンが販売されています。
  1. DTaPまたはDTwPワクチン:乳幼児と7歳未満の小児に使用されます。これらの略語の大文字は、百日咳抗原とジフテリアおよび破傷風トキソイドの全てを含んでいることを意味します。
     
  2. Tdapワクチン:このワクチンは、4歳以上の小児、青年、成人に使用されます。小文字の「d」と「p」は、副作用を軽減するためにジフテリアトキソイドと百日咳抗原の量を少なくしたワクチンであることを意味します。
DTaPワクチンとTdapワクチンの「a」は「acellular」の略で、百日咳菌の成分が、副作用の少ない全菌ではなく、菌の一部のみを含むことを意味します。
また、7歳以上の人に使用できるTdワクチンもあります。このワクチンは、ジフテリアと破傷風のみを予防するもので、百日咳ワクチンを接種してはいけない人に適しています。


 
ジフテリア・破傷風・百日咳ワクチン接種が推奨される人は?
 
乳児の場合、医師はDTaPまたはDTwPワクチンを2カ月、4カ月、6カ月、18カ月の4回シリーズで接種しています。小児の場合は、4~6歳時にDTaP、DTwP、Tdapワクチンを、11~12歳時にTdapまたはTdワクチンを接種します。タイでは、小児予防接種プログラムに含まれる必須のワクチンです。

しかし、その予防効果はあまり長くは続きません。臨床研究によると、これらの病気に対する予防効果は、5回目のワクチン接種後、年々低下していくことが分かっています。したがって、成人するまでTdapまたはTdワクチンによるブースター注射を受ける必要があります。
Tdapワクチンをブースターとして接種することは、以下の場合に推奨されます。
  • 11歳~18歳の人。できれば11~12歳の間に、免疫力を高めるためにTdapを1回接種してください。
  • 19歳以上の人。Tdapを受けたことがない人、特に生後12ヶ月未満の赤ちゃんと密接に接触している人は、Tdapを受ける必要があります。
  • 妊娠中の女性 妊娠27週から36週の間にTdapワクチンを接種する必要があります。できれば妊娠3ヶ月の初期に受けたいところですが、妊娠中のどの時期に受けても安全です。妊娠中にTdapを受けることで、お母さんは出産前に赤ちゃんへの感染を予防することが可能です。
すでにこの接種を受けた後は、TdapまたはTdブースター注射を10年ごとに、またはひどい傷ややけどで、傷口が汚れている場合は5年後に受ける必要があります。ひどい切り傷や火傷は、破傷風のリスクを高めます。
Tdapワクチンは、1年中いつでも接種できます。他の予防接種と一緒に接種することもできます。

 
Tdapワクチンの起こりうる副作用とは?
 
Tdapワクチンは、注射をした腕の痛み、赤み、腫れ、微熱、頭痛、疲労感など、数日間続く軽い副作用が主なものです。しかし他の薬と同様に、ワクチンによって重篤なアレルギー反応やその他の重篤な症状が起こる可能性があります。

 
参考文献
  1. Centers for Disease Control and Prevention. Diphtheria, Tetanus, and Pertussis Vaccine Recommendations [Internet]. 2022 [cited 2022 Sep 9]. Available from: https://www.cdc.gov/vaccines/vpd/dtap-tdap-td/hcp/recommendations.html
  2. Centers for Disease Control and Prevention. Diphtheria, Tetanus, and Whooping Cough Vaccination: What Everyone Should Know [Internet]. 2022 [cited 2022 Sep 9]. Available from: https://www.cdc.gov/vaccines/vpd/dtap-tdap-td/public/index.html
  3. Centers for Disease Control and Prevention. Pertussis (Whooping Cough) [Internet]. 2022 [cited 2022 Sep 9]. Available from: https://www.cdc.gov/pertussis/about/signs-symptoms.html
  4. Centers for Disease Control and Prevention. Tdap (Tetanus, Diphtheria, Pertussis) VIS [Internet]. 2022 [cited 2022 Sep 9]. Available from: https://www.cdc.gov/vaccines/hcp/vis/vis-statements/tdap.html
  5. Centers for Disease Control and Prevention. Tdap/Td vaccines [Internet]. 2022 [cited 2022 Sep 9]. Available from: https://www.cdc.gov/vaccines/hcp/adults/downloads/fs-tdap-hcp.pdf
  6. HARVARD HEALTH BLOG. Protection from the TdaP vaccine doesn't last very long [Internet]. 2022 [cited 2022 Sep 9]. Available from: https://www.health.harvard.edu/blog/protection-from-the-tdap-vaccine-doesnt-last-very-long-201602099202
  7. Kelli Miller. Tetanus, Diphtheria, Pertussis Vaccine for Adults [Internet]. 2022 [cited 2022 Sep 9]. Available from: https://www.webmd.com/vaccines/tdap-vaccine-for-adults
  8. Liang, J., Tiwari, T., Moro, P., Messonnier, N., Reingold, A., Sawyer, M. and Clark, T., 2018. Prevention of Pertussis, Tetanus, and Diphtheria with Vaccines in the United States: Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR. Recommendations and Reports, 67(2), pp.1-44.
  9. The Children’s Hospital of Philadelphia. A Look at Each Vaccine: Diphtheria, Tetanus and Pertussis Vaccines [Internet]. 2022 [cited 2022 Sep 9]. Available from: https://www.chop.edu/centers-programs/vaccine-education-center/vaccine-details/diphtheria-tetanus-and-pertussis-vaccines
  10. The Immunization Action Coalition (IAC). Diphtheria, Tetanus, Pertussis. [Internet]. 2022 [cited 2022 Sep 9]. Available from: https://www.immunize.org/askexperts/experts_per.asp.
 

 
お問い合わせ先
• OPD Instant Clinic
Tel: 02 066 8888

Related Health Blogs