Treatment of Vascular Skin Conditions with Vbeam Pulsed Dye Laser(Vビームレーザーによる皮膚の血管異常の治療)

Vビームレーザーは、にきびや皮膚の赤みを治療するために用いられます。皮膚の血管の異常部位にVビームレーザーを照射することで新しいコラーゲンの生成を促進し、より滑らかで明るいお肌を実現します。

施術方法

Vビームレーザーは皮膚の血管の異常を治療して除去し、新しいコラーゲンの生成を促進します。

  • 皮膚の赤みおよびにきび瘢痕
  • 母斑
  • 血管腫(イチゴ状血管腫)
  • ポートワイン母斑
Vビームレーザーによる治療は安全で、幼児にも使用することができます。Vビームレーザーは副作用なしにほぼ全てのお肌のトラブルに使用することができます。アメリカの食品医薬品局(USFDA)やタイの食品医薬品局(FDA)による認可も受けています。

施術前:少なくとも施術の14日前から日光浴をしたり直射日光に当たることを避けるようにしてください。

施術後:SPF30の日焼け止めを使用し日光からのダメージを減らすようにしてください。

必要となる施術回数は、皮膚の赤みの度合いにより異なります。初回の施術後一定の改善に気付くこともありますが、通常では5、6回の施術後に効果を感じることが多いでしょう。

必要となる施術回数は、皮膚の赤みの度合いにより異なります。初回の施術後一定の改善に気付くこともありますが、通常では5、6回の施術後に効果を感じることが多いでしょう。

施術中:温かく感じることが多く、場合により軽い痛みを感じることもあります。Vビームレーザー機器が施術中に治療部位に冷気を当て、レーザー照射による不快感を和らげます。

施術後:レーザー治療により痕が残ることはありません。赤みや血管の目立ちが一旦目立つようになりますが、すぐに消失します。施術直後に化粧をすることも可能です。

Related Treatments

Doctors Related

Related Centers

Rating score 10.00 of 10, based on 8 vote(s)

Related Health Blogs