人工股関節置換手術

Colon cancer is caused by the uncontrolled growth of cells in the colon. It may take years to develop, and at the early stage, there may only be an abnormal growth of tissues known as polys, However, these polyps can then develop into cancer if left untreated or not removed.

人工股関節置換手術とは?

人工股関節全置換手術 (股関節形成) は、長い歴史のある股関節症の治療法です。人工股関節全置換手術は、股関節の損傷および磨滅している部分-寛骨臼 (臼蓋窩) と球 (大腿骨頭) -を除去し、その部分をプロテーゼと呼ばれる平滑な人工移植物に交換します。

 

比較的若く活動的な患者様がこの施術を必要とする場合、従来の股関節置換では、磨滅により再交換しなければならない可能性が高くなります。二度目の交換 (レビジョン) はさらに難しくなります 表面再建型人工股関節 という選択肢もあります


表面再建型人口股関節手術と人口股関節置換手術の比較)

人工股関節置換手術は、通常 1 ~ 2 時間ほどで終了します。手術は全身麻酔または脊椎麻酔下で行われます。施術に当たって、外科医は、損傷または病変した寛骨の一部を取り除き、人工股関節に 置き換えます。手術後は腰の周りに大きな包帯を巻くことになります。血栓発生のリスクを下げるため、「抗塞栓症」ストッキングを着用する場合もあります。 手術中に関節周囲から過剰な体液を排出するため、小さなドレナージ管が取り付けられます。手術直後からリハビリテーションと理学療法が始まり、入院中およ び術後 1 年間は、退院後も自宅で継続して行ないます。
痛みの緩和が人工股関節置換手 術の大きな利点であり、主な目的です。股関節のすべてまたは一部を置換する理由には、たとえば、人が自由に行動する能力を制限するほどの股関節症または股 関節損傷による激痛、高齢者における大腿骨頚の骨折、股関節腫瘍の発生などがあります。
呼吸性・心臓性の機能障害を含む、麻酔に伴うリスクと合併症の可能性があります。
  • 抗生物質の使用や場合によっては入院を必要とする感染症。手術後何年か経ってから、股関節周囲に感染が起こる可能性もあります。
  • 脚の血栓 (深部静脈血栓症)。これは、遊離して肺に移動する (肺塞栓症) 可能性があります。
  • 神経または血管の損傷
  • 追加的手術が必要になる可能性のある新しい股関節の破折もしくは脱臼
  • 過剰骨成長によって起こる関節の硬直または不安定
  • 尿閉と膀胱感染症

 

時間が経つにつれ (状況によっては 20 年程度)、人工関節が緩み、更新手術が必要になります。

これらのリスクについては、術前、術後の執刀医の指示に従っていただくことで低減できます。

処置志望者の適性

処置を希望される患者様に人工 股関節置換手術が適しているかどうかを判断するため、詳細な術前検査を行います。股関節形成術の処置を希望する患者様には、能力障害の程度、日常生活への 影響、事前の病状などを見積もるための検査を実施します。検査および患者様とのご相談後、したのち、この処置への各患者様の適性を外科医が最終的に判断し ます。新しい股関節による改善状況は患者様の努力によって大きく左右されるため、リハビリテーション・プログラムに熱心に取り組むことが重要です。

  • バムルングラードは、整形外科手術の卓越した研究拠点として広く認められています。
  • バムルンラードの整形外科医たちは、過去 25 年間に数百回の人口股関節置換手術を行なっています。
 

どのくらい費用がかかるのでしょうか?
 

概算費用に含まれるものと含まれないものをご確認下さい。.

*実費は、使用するプロテーゼ (人工骨頭) や為替相場によって変動します。この推定費用は最近の実例の平均費用に基づいています。各料金は予告なしに変わることがあります。

人工股関節置換手術の準備と予約をする

Related Treatments

Doctors Related

Related Centers

Rating score 10.00 of 10, based on 1 vote(s)

Related Health Blogs