Hysterectomy(子宮摘出術)

Colon cancer is caused by the uncontrolled growth of cells in the colon. It may take years to develop, and at the early stage, there may only be an abnormal growth of tissues known as polys, However, these polyps can then develop into cancer if left untreated or not removed.

手術目的

以下のような疾病を治療するため、子宮摘出が必要となる場合があります:

  • 他の治療法では制御できない不正子宮出血
  • 重度の子宮内膜症(子宮組織が子宮外に成長している場合)
  • 一定の大きさ異常で痛みまたは出血を伴う子宮筋腫(良性腫瘍)
  • 他の治療法では制御できない子宮に関連する骨盤痛
  • 子宮脱(支えとなる筋力の衰えによる膣管への子宮の落下)のうち、尿失禁または排便障害を引き起こす可能性のあるもの
  • 子宮頸がん・子宮がん
  • 出産中の合併症(制御できない出血等)

子宮摘出は、患者様の状態や重症度によって以下の4つのうちいずれかの術式で行われます:

  • 膣式子宮摘出術
  • 腹腔鏡子宮摘出術
  • ミニラパ(小切開)子宮摘出術
  • 腹式子宮摘出術

手術痕や回復時間などといった基準から上記の順に優先傾向にあります。

膣から子宮を摘出する方法で、以下のような理由から一般に最も好まれる術式です:

  • 外に見える傷が残らない(体内の縫合を行うのは他の術式と同じですが、アプローチ箇所が異なるため皮膚上の傷は残りません)
  • 術後の回復時間が非常に短い
  • 合併症のリスクが低い
  • 手術部位の感染症のリスクが低い
  • 他の臓器を損傷するリスクが非常に低い


以前は限られた疾患の状態である方にのみ膣式子宮摘出術が採用されていましたが、医師の技術向上に伴い、複雑な疾患のある場合にも施術が可能になりました。帝王切開で出産された場合も、この術式を受けることが可能です。


執刀は膣式子宮摘出術について特別に研修を受けた医師のみが行います。

合併症等の理由により、膣式子宮摘出術が使用できない場合に採用される方法です。腹腔鏡子宮摘出術では、一般にへそ1ヶ所、骨盤周辺2ケ所を切開します。

切開部は通常8ミリから12ミリの長さのため、手術痕が残る可能性もありますがごく小さなものにとどまります。


膣式子宮摘出術研究機関

膣式手術と腹腔鏡手術のどちらも使用できない場合には、ミニラパ(小切開)子宮摘出術が必要となる可能性があります。
 

基本的に子宮手術にあたっての切開部が5センチほどと余裕があり処置しやすいため、手術時間は大概非常に短くて済みます。他の術式よりも費用が安いため、費用対効果で検討する必要があります(患者様ご自身の実際の費用については、手術の際に必ずご確認ください)
 

膣式手術や腹腔鏡手術よりも回復時間は長くかかります。また腹部に手術痕が残る可能性も高くなりますが、場所はビキニラインよりも下の部分になります。

通常、他の術式で対応できない等必要な場合に限り採用されます。15センチ程度の切開が必要です。非常に安全な術式ですが回復時間は長く、手術痕が残るリスクも大きくなります。最新技術を完備した病院では、疾患の状態が許す場合は他の術式での子宮摘出が行われます。
子宮摘出の手術時間は一般に1時間から3時間程度です。全身麻酔または局所麻酔を使用し、全摘出を行う場合と部分摘出の場合があります。卵管を併せて摘出する場合もあります。術後は、膀胱の働きを促し排尿しやすくするため、1日から2日間カテーテルを留置します。入院期間は術式によって異なりますが、平均で1日から3日程度です。

呼吸器や心臓の機能不全等、麻酔に伴う合併症のリスクがあります。その他の合併症は以下のとおりです:

  • 創傷合併症(膿瘍、破裂等)
  • 出血多量・血栓
  • 感染症
  • 膀胱・尿管・腸の損傷
  • 性交痛、性欲減退、オーガズムへの到達困難
  • 腸閉塞や腸運動の一時的低下による一時的な腹部暴慢

術後に喪失感を感じたり落ち込んだりする方もいますが、通常は一過性のものです。


術前・術後ともに担当医師の指示に従うことで、上記のようなリスクは軽減できます。

代替の治療方法は疾患の原因によって大きく異なります。担当医により以下のような子宮摘出の代替治療法についてご提案する場合があります:

  • 経口避妊薬等の服用による持続性出血の治療
  • 子宮内膜アブレーション(子宮内膜の除去)による過多月経の治療
  • 薬物療法による子宮筋腫の縮小
  • 主要な手術:筋腫摘出術、すなわち子宮筋腫の外科的切除(腫瘍が発生した方の3人に1人は5年以内に再発しています)
  • 抗炎症薬、経口避妊薬、理学療法による慢性痛の緩和
閉経前に子宮と卵巣の摘出手術を受けると、術後すぐに更年期の症状が現れますので、エストロゲン補充療法をお勧めします。

Related Treatments

Doctors Related

Related Centers

Rating score 9.67 of 10, based on 6 vote(s)

Related Health Blogs