ERCP (Endoscopic Retrograde Cholangio Pancreatography) (内視鏡的逆行性胆道膵臓管造影)

 

Overview
ERCP(内視鏡的逆行性胆道膵管造影) はX線と内視鏡を組み合わせた手法で、口から内視鏡を挿入し、胃と小腸を経て胆管の開口部まで通します。管に造影剤を注入し、X線で胆道や膵管の異常を検査します。胆石が発見された場合は、電気ワイヤで開口部を広げ、除去します。開口部の傷口は1週間以内にふさがります。

Related conditions

Doctors Related

Related Centers

Rating score 9.20 of 10, based on 10 vote(s)

Related Health Blogs