Carbon Dioxide Laser Treatment(炭酸ガス(CO2)レーザー治療)

炭酸ガス( CO2)レーザー は、スキンタッグ(軟性繊維腫)、日焼けによるシミ、イボ等、傷んだ皮膚層の治療に使用されます。水分子に吸収された光が細胞を加熱し、原因となっている組織を取り除きます。

施術方法
施術は熱を伴うため、局所麻酔で行います。擦り傷が残りますが、1週間以内になくなります。
外科的処置にはリスクが伴います。処置への同意前に、リスクについて十分にご理解いただく必要があります。受診時に医師より十分な説明を受け、不明な点があれば必ずご質問ください。

施術前には、施術に伴うリスクについて説明を受けたこと、リスクを理解し承諾していることについて同意書にご署名いただきます。医療機関必須の手続きですので、同意書へのご署名がない場合、施術は行いません。

施術の結果に影響するまたはリスクを高める可能性のある薬剤の服用・使用、病歴、内科的合併症等がある場合は、必ず事前に医師へお伝えください。

リスクやその程度は関連要因によってひとりひとり異なります。非常に可能性が低いものを含め、 CO2レーザー治療には以下のようなリスクが伴います:

腫れ・不快感、治療対象部位の一時的な変色(皮膚の色が薄くなる/濃くなる)、急性の光線過敏症、化粧品に対する過敏性、肌の赤み(数週間続く場合もあります)、瘢痕化(傷の深さによります)

治療時間:治療時間は数分から1時間以内で、入院は必要ありません。治療対象部位によっては、複数回の治療が必要になる場合もあります。


麻酔 :局所麻酔、表面麻酔、注射麻酔


回復時間 :

職場復帰:2週間

激しい運動:4~6週間

赤み:約3ヶ月

色素沈着・日光暴露:6~12ヶ月

上記は、あくまで治療前の参考資料です。 実際の治療方法については、医師へご相談ください。

Related Treatments

Doctors Related

Related Centers

Rating score 8.17 of 10, based on 12 vote(s)

Related Health Blogs