Radiation Therapy Using VMAT(VMATを用いた放射線療法)

回転型強度変調放射線療法( VMAT) は、強度変調放射線療法(IMRT)のひとつですが、ガントリー(治療中に放射線照射装置を回転させる照射筒)が患者様の周囲を360度回転します。回転速度、照射線量、放射線遮蔽の動きを調整することで、腫瘍周辺の正常な組織への暴露を少なくし、照射時間を短縮できるため、放射線治療の精度と効果が高まります。


Radiation Therapy Using VMAT 

VMATの特徴

  • がん性腫瘍の形状や大きさが通常と異なる場合も、適切な放射線量を算出できます。
  • 照射装置の回転速度、照射線量、放射線遮蔽の動きを調整できるため、周辺臓器への暴露を最小限にしつつ、がん性腫瘍のみへの照射が可能となります。そのため、放射線治療による副作用が軽減され、患者様の負担も少なくなります。
  • VMAT に使用される治療台は上下左右に移動可能なため、体内の腫瘍の位置に合わせて照射する範囲を決定することができ、治療の精度が向上します。
  • 従来の治療法よりも精度の高いがん治療法です。


VMATの利点

  • 周辺臓器への影響の大幅な軽減
  • 治療時間の大幅な短縮
  • 患者様の負担軽減(継続的な治療が可能)
  • 治療計画に従ったより正確な治療の実現

 


生じうる副作用

副作用の多くは、がん性腫瘍の周辺器官や正常な組織への放射線照射の影響によるもので、腫瘍の位置に大きく影響されます。VMATを受けられる方は、副作用の可能性について事前に医師へご相談ください。


治療後の経過観察

治療後は、医師の指示に従って経過観察を受けてください。

 



所在地

The Horizon Cancer Center(ホライズンがん治療センター)

バムルンラード・インターナショナル、本館南棟3階

お問い合わせ

電話:+66 (0) 2667 1555
ファックス:0 2667 2915