Phaco and IOL (Intra Ocular Lens)(超音波水晶体乳化吸引術と眼内レンズ)


超音波水晶体乳化吸引術と眼内レンズとは?

超音波水晶体乳化吸引術( Phaco) とは、超音波を利用して眼の水晶体を乳化して取り除き、眼内レンズ(IOL)に置き換える白内障の手術法です。


手術方法

超音波水晶体乳化吸引術 では、眼の2~3ミリ程度の切開部から小さな超音波プローブを挿入して、プローブで濁った水晶体を小さく砕いてから吸引します。そして、元の水晶体があった場所に人工の永久レンズ(眼内レンズ)を挿入します。手術中は、眼球の動きを防ぐため、局所麻酔が施されます。手術部位の麻痺に表面麻酔が使用される場合もあります。手術時間は、通常15分から1時間程度です。


手術目的

白内障は眼の水晶体を濁らせるため、日常生活に支障をきたすほどの視力低下を招きます。白内障が進行して視力が低下した場合には、手術によって水晶体を取り除いて永久人工レンズに置き換えることが、鮮明で健全な視力を回復させる唯一の効果的な手段になります。


リスクと合併症

合併症が生じることは稀で、発生しても軽度で済むことがほとんどです。ただし、他の外科手術と同様に、以下のようなリスクがあります:
 

  • 感染症(抗生物質の服用やときには入院が必要となる場合があります)
  • 眼の炎症(発赤、腫れ)
  • 角膜の浮腫
  • 視力低下
  • 網膜剥離

手術前後の医師の指示に従っていただくことで、合併症のリスクは軽減されます。


代替方法

白内障の症状が比較的軽い場合は、メガネを替えたり、拡大鏡を使用したり、照明を明るくしたりすることで、視力改善につながる場合もあります。これ以外には、効果のある治療法は外科手術のみとなります。医師より、超音波水晶体乳化吸引術以外の外科手術として、水晶体嚢を含む(あるいは含まない)全水晶体の摘出術等を提案する場合もあります。


対象となる患者様

白内障以外の眼疾患のない方に適しています。糖尿病の持病のある方は、手術により眼の異常が悪化する可能性が高いことが報告されています。適応性については、検査の後に、患者様と相談の上、医師が最終判断を行います。




所在地

Eye Center(眼科)
バムルンラード・インターナショナル、クリニックビル18階


お問い合わせ
電話: +66 (0) 2011 3891 +66 (0) 2011 3885 +66 (0) 2011 3886 
ファックス: +66 (0) 2011 3790

Rating score: NaN of 10, based on 0 vote(s)