Coronary Angiogram(冠動脈造影)


冠動脈造影とは?

冠動脈造影 とは、冠動脈(心臓に血液を送る動脈)の状態を確定診断する検査方法です。


検査方法

脚の付け根、手首または肘の内側から細いカテーテルを挿入して検査します。挿入部位は体の右側が望ましいとされています。検査中は局所麻酔を施し、大動脈の根元までカテーテルを通します。その後、冠動脈に造影剤を直接注射しながら撮影を行います。検査中の痛みはありません。


検査目的

冠動脈の狭窄や閉塞とその状態を確認するための検査です。


リスクと合併症

非常に稀ですが、以下のようなリスクや合併症があります:

  • 心臓発作(0.2%)
  • 死亡(0.1%)(元々の症状が非常に不安定だった場合)
  • 穿刺部位からの出血(2%未満)(通常は簡単な処置で治ります)


代替方法

マルチスライスCTを用いたCT血管造影法を利用できる場合もあります。


対象となる患者様

以下のような症状のある方:

  • 急性冠症候群(初発の狭心症、不安定狭心症、心臓発作等)
  • 重度の心臓弁膜症
  • 冠動脈疾患以外の既知の心筋症
  • 突然死を引き起こす症状から回復された方



所在地

Heart (Cardiology) Center(心臓疾患センター)
バムルンラード・インターナショナル、クリニックビル14階


お問い合わせ
電話: +66 (0) 2667 2847, +66 (0) 2667 2848
ファックス: +66 (0) 2667-2849