EmbryoScope – View of an Embryo’s Development(胚子鏡)

胚移植に最も適した胎芽を選ぶことで妊娠の可能性を高めることができます。胚子鏡という最新技術を用いることで、体外受精による妊娠の可能性がさらに高まります。

胚子鏡とは?

胚子鏡 は孵卵器、顕微鏡、低速度撮影カメラの機能を備えており、胎芽の状態を連続で撮影し動画状態で記録します。この方法により受精した胎芽に影響を及ぼすことなく胎芽の状態を調べることができます。

胚子鏡の利点

  • 低速度撮影カメラで撮影された画像データに基づいて胎芽の状態を調べ、最適の胎芽を選ぶことができます。
  • 検査によって得られたデータに基づき、細胞分裂の様子を精確に知ることができます。
  • 培養液の温度および水素イオン濃度(pH)に関しより適切な管理のもと胎芽が培養されます。
  • 胎芽への処置の回数が減るので胎芽の発達が妨げられません。
  • 臨床研究によれば、胚子鏡によって体外受精による妊娠の可能性を最大限に高めることができます。




所在地

Fertility Center & IVF Clinic(不妊治療センター)
バムルンラード・インターナショナル、ホスピタルビル北棟(ノース・ウィング)2階、Women’s Center(婦人科)内

お問い合わせ
電話: +66 (0) 2667 2388, +66 (0) 2667 1358