胃がん

胃がん は突然変異によるがん細胞の増殖から始まり急速に進行します。胃のあらゆる部分において生じる可能性があり、肝臓、すい臓、腸、肺、卵巣、リンパ節等、他の器官への転移のリスクもあります。
 


胃がんの危険因子

今のところ胃がんの正確な原因はわかっていませんが、以下のものが危険因子として挙げられます:

  • 年齢:年齢が高くなるほど、胃がんのリスクは高まります。
  • 性別:女性と比較して男性の発症率は2倍以上です。
  • 家族歴:家族に胃がん患者がいる場合、リスクが高くなります。
  • 人種:欧米よりもアジアに多く見られます。
  • 食事:漬物、塩辛い食べ物、燻製等は胃がんのリスクを高める可能性があります。逆に、果物や野菜は胃がんのリスクを低くします。
  • ヘリコバクター・ピロリ への感染:炎症や消化性潰瘍の原因となるため、胃がんのリスクを高めます。
  • 持病:貧血、慢性胃炎等の胃の持病は胃がんのリスクを高めます。
  • 職業:薬品や粉塵への暴露は胃がんのリスクを高める可能性があります。
  • 生活習慣:飲酒、喫煙、果物や野菜の不足は胃がんのリスクを高めます。
  • 肥満:過体重の男性は胃がんのリスクが高いことが証明されています。女性については、肥満と胃がんの関係性は報告されていません。

 

胃がんの症状

胃がんの初期の段階 では通常は自覚症状はありませんが、進行すると、消化性潰瘍やウイルス性胃腸炎に似た以下のような症状が現れます:

  • 上腹部や中腹部を中心とした腹部不快感
  • 血便
  • 嘔吐(血が混じることもあります)
  • 原因不明の体重減少
  • 食後の腹痛や膨満感
  • 疲労感

以下のような症状のある場合にはすぐに受診しましょう:

  • 消化不良、腹部不快感
  • 食後の異常な膨満感
  • 軽度の吐き気
  • 食欲不振
  • 胸やけ

 

胃がんの診断

  • 医師による問診および身体検査
  • バリウム検査:飲み込んだバリウムが一時的に食道、胃、小腸を覆い、X線画像で写し出すことによって腫瘍や異常を発見します。
  • 上部消化器官内視鏡検査 :精密検査のため生検と呼ばれる組織のサンプルを採取することができます。
  • 超音波内視鏡検査 :がんがどの程度増殖しているか、また周辺の器官に転移していないかどうかを調べます。
  • 肺X線検査:肺の異常やがん転移の有無を確認します。
  • CT検査 :器官の3次元画像を映しだすことで、通常のX線検査よりも正確にがんの場所や大きさを確認することができます。

 

胃がんの治療

胃がんの治療には、外科医、放射線技師、がん専門医等、患者様ひとりひとりの状態に応じて最適な治療法を決定する専門チームが必要です。治療方針を決定する際には、以下のような点が考慮されます:

  • がん細胞の大きさ、場所、その他特徴
  • がんのステージ、転移の程度
  • 患者さんの健康状態

 

胃がんの治療法



IMG
Rating score: 6.33 of 10, based on 12 vote(s)