Pap Test (Pap Smear) (子宮頸がん細胞診・パップテスト)

パップテスト(子宮頸がん細胞診)は子宮頸がんを発見するための検査です。検鏡を挿入して膣を広げ、子宮頸部から細胞を採取し、採取した細胞は検査室で分析されます。細胞に異形成や異常が発見された場合、子宮頸がんの可能性があります。


対象となる患者様

検査の時期や頻度については担当医師にご相談ください。アメリカがん協会では、以下のガイドラインに従い女性へのパップテストの受診を推奨しています:

  1. 21歳以上または21歳未満でも3年以内に初性交のあった女性:1年または2年に1回
  2. 30歳以上の女性:1年に1回。3年間続けて異常のない方は、その後3年に1回。ただし、HIVまたはHPV(ヒトパピローマウイルス)への感染、免疫不全、妊娠中のジエチルスベストロールの使用等、子宮頸がんのリスクのある方は1年に1回を継続のこと
  3. 70歳以上の女性:3年連続かつ過去10年間において異常が発見されておらず、子宮頸がんのリスクのない方は不要


パップテストの準備

  1. 生理時を避けて受診してください。
  2. パップテスト前には膣洗浄しないでください。
  3. パップテスト前の48時間は膣坐薬、膣クリーム、殺精子剤を使用しないでください。
  4. パップテスト前の最低24時間は性交渉を避けてください。



所在地

Women’s Center(婦人科)
バムルンラード・インターナショナル、ホスピタルビル北棟 (ノース・ウィング) 2 階


お問い合わせ
電話: +66 (0) 2667 2000
ファックス: +66 (0) 2667-2915