Pigmented Lesions(色素性病変)

症状

色素性病変 は、皮膚組織の一部にメラニン(肌に色味を与える色素)が過剰に沈着する症状で、以下のような種類があります。


カフェオレ斑

ミルクコーヒーのような薄い茶色の色素斑。大きさは小さなものから非常に大きなものまで様々で、出現部位も限定されません。


太田母斑

顔面に生じる色素性の母斑で、広範囲に及ぶ場合もあります。アジア人種に最も多い症状です。


雀卵斑

そばかすとも呼ばれ、日光に刺激によってできる色素沈着による非常に小さな色素斑で、日光に当たる箇所にそのまま残ります。非常に一般的な症状です。


老人性色素斑(日光黒子)

日光黒子とも呼ばれる老人性色素斑は、長年日光にさらされたことによる表皮における過剰な色素沈着です。顔、首、胸、背中の他、上腕や手にも現れます。


治療方法

色素性病変 の治療には以下のような方法があります。治療方法を決定する前に、症状について皮膚科医へご相談ください。

  • 色素性疾患用レーザー治療
  • 炭酸ガス(CO2)レーザー治療
  • ケミカルピーリング

上記は、あくまで治療前の参考資料です。実際の治療方法については、医師へご相談ください。

ご質問等ございましたら、お問い合わせください。


所在地

Skin Center (Dermatology)(皮膚科・美容皮膚科)
バムルンラード・インターナショナル、クリニックビル12階、カウンター12A


お問い合わせ
電話: +66 2011 5999
ファックス: +66 2011 5999

Rating score: 10.00 of 10, based on 3 vote(s)