Gallium Scan(ガリウムスキャン)

アレルギー疾患 は小児に最もよく見られる疾患のひとつで、発症原因は食品から環境まで様々です。アレルゲン(アレルギーの原因)となる食品としては牛乳、卵、ピーナッツ、シーフード、環境要因としてはタイでは特にイエダニ、ゴキブリ、ペットがよくあるケースとして挙げられます。アレルギー症状は、皮膚、呼吸器、消化器等に見られます。


ガリウムスキャンとは?

ガリウムスキャンには以下のような2つの種類があります:

  1. サルコイドーシス、椎間板炎、骨髄炎、ニューモシスチス肺炎といった炎症の診断を目的とするガリウムスキャン
  2. ホジキン病、非ホジキンリンパ腫、肝細胞がん、肺がん、黒色種といった悪性腫瘍の進行度を診断し、非ホジキンリンパ腫やホジキン病の場合は、治療の有効性を判断する目的で行うガリウムスキャン


検査方法

ガリウム( GA-67) を静脈に注射し、投与後24時間後、48時間後、72時間後の状態を撮影します。撮影は投与後48時間後と72時間後の2回の場合もあります。

各患者様に対する適切な検査方法は、さまざまな要素をもって判断されます。


検査目的

ガリウムスキャンには、ホジキン病、非ホジキンリンパ腫、肝細胞がん、肺がん、黒色種といった悪性腫瘍の進行度の診断、非ホジキンリンパ腫やホジキン病に対する治療の有効性の判断等、様々な目的があります。バムルンラードでは、以下のような幅広いアレルギーテストをご受診いただけます。


リスクと合併症

  • 放射性医薬品を用いる核医学検査では、投与量はごくわずかですが、少量の放射線の被ばくがあります。核医学の手法は50年以上前から用いられていますが、ガリウムスキャンでの投与量による長期的な悪影響は報告されていません。
  • 全ての放射線検査についていえることですが、妊娠中の放射は最小限にする必要がありますので、妊娠中の方は検査前に必ず医師へお知らせください。
  • 非常に稀ですが、放射性医薬品へのアレルギー症例も報告されています。


お問い合わせ

電話: +66 (0) 2066 8888

Rating score: 8.00 of 10, based on 7 vote(s)
 

  • Gallium Scan(ガリウムスキャン)