Baby Delivery(出産)

赤ちゃんがどんな場所で初めてこの世界を目にするのか、お母さんとお父さんにとっては大変重要な選択です。当院は最新の設備と技術を備えた分娩室を完備しており、安全かつプライベート、温かい環境でお過ごしいただけます。プロフェッショナルな専門医のチームが最高の環境で赤ちゃんの誕生――人生のかけがえのない時間――をお手伝いします。


出産方法

当院の分娩室では、以下のような出産方法に24時間対応しています:

  • 自然分娩 :お母さんと赤ちゃんの健康状態に問題がない場合には、外科的手術による合併症や感染症のリスクのない自然分娩が好まれます。赤ちゃんが産道を通る際に肺から羊水が排出されるため、自然に肺が膨らんでいきます。
  • 無痛分娩 :お母さんと赤ちゃんの健康状態に問題がない場合のもうひとつの選択肢として、無痛分娩があります。脊髄麻酔で出産時の痛みを和らげますが、赤ちゃんが産道を通っている感覚は残ります。
  • 帝王切開 :お母さんや赤ちゃんの健康状態、子宮内での赤ちゃんの位置により自然分娩が難しい場合には、帝王切開が最も安全な出産方法です。外科的処置のため、出血量が多くなる他、切開部の治療が必要になるため回復時間も長くなります。お母さんと赤ちゃんの健康状態に問題がない場合にも帝王切開を選択いただけますが、術後に治療が必要となることを考慮して慎重にご検討ください。

出産には担当産科医、麻酔科医、看護師で構成される専門チームおよびご自身でお呼びになったドゥーラ(助産師)が立ち会い、お母さんと赤ちゃんをしっかりとケアします。出産後は、新生児専門の看護師が赤ちゃんの健康状態を慎重に確認します。

少しでも異常が見られる場合は、新生児集中治療室(NICU)の専門医と看護師が24時間体制で経過をチェックします。


出産パッケージの詳細については出産パッケージのページをご参照ください。


その他の出産に関する情報

  • ハイリスク妊娠への対応

全ての出産が安産というわけではありません。お母さんまたは赤ちゃんに合併症が生じる可能性のあるハイリスク妊娠のケースでは、妊娠期間を通じてお母さんと赤ちゃんの健康状態を注意深く観察します。特に以下のような場合に合併症のリスクが高くなります:

    • 難産、流産、子宮手術の既往歴
    • 早産(37週前)の既往歴
    • 糖尿病、高血圧、腎疾患、心臓疾患等の持病
    • 16歳未満の低年齢出産、40歳以上の高齢出産
    • 双子
    • 逆子あるいは胎児の位置に問題のある場合(34週以降に判明)
    • 子宮の成長異常(妊娠期間に伴い成長していない)
    • 2,500グラム未満の未熟児、4,000グラム以上の巨大児
    • 妊娠中の出血
    • 40週を超える妊娠
    • 24週以降の胎児の低成長(1ヶ月あたり1キロ未満)
  • ノンストレステスト( NST):以下のような状態が当てはまる場合には、赤ちゃんが子宮内で動き始めた後に赤ちゃんの心拍数を確認するノンストレステスト(NST)を実施することもできます:
    • 糖尿病、高血圧、心臓疾患等の合併症
    • 胎児の異常な動き
    • 出産予定日を過ぎた妊娠
    • 標準量を上回るあるいは下回る羊水量の異常(出産に影響の出る可能性あり)
    • 胎児の通常以下の低成長
  • 出生証明書( Birth Certificates):出生証明書は英語またはタイ語で発行します。英語の場合は、外務省の認証を受けてください。
  • 出産前勉強会:初めての出産を迎えるお母さんとお父さん向けのクラスです。出産にあたり知っておくべき情報、より豊かな出産体験とするためのヒント等をご提供します。
  • カウンセリング:専門スタッフが出産に関するあらゆるご相談に対応します。


分娩室 

バムルンラードインターナショナルでは以下のような近代的で高機能な分娩室を完備しています:

  • 自然分娩室(6室):分娩ベッドとバスルーム付、個室。お母さん、お父さんに安心して赤ちゃんを迎え入れていただけます。
  • 帝王切開専門手術室(4室):バムルンラードの高いスタンダードに則った、温度制御された帝王切開専門の手術室です。


ベビークラブ特典

バムルンラードで産まれた赤ちゃんは、自動的に「ベビークラブ」の会員となり、12歳のお誕生日まで以下の割引サービスを受けられます:

  • 外来治療費10%割引
  • 薬代10%割引
  • 入院時の部屋代10%割引

 



所在地

Women’s Center(婦人科)
バムルンラード・インターナショナル、ホスピタルビル北棟 (ノース・ウィング) 3 階


お問い合わせ
電話: +66 (0) 2667 2000
ファックス: +66 (0) 2667-2915