フェムトセカンドレーザーによる白内障手術および眼内レンズ挿入術

フェムトセカンドレーザー は、白内障手術と眼内レンズ挿入術の精度を上げ、より鮮明な視界を取り戻すだけでなく、回復期間も短い画期的な新技術です。

フェムトセカンドレーザー手術法
フェムトセカンドレーザー技術 は、コンピューター制御下外科手術システムの一環として使用されます。スキャンによる眼球の高解像度3D画像の取得には光干渉断層計(OCT)が用いられ、この画像データの測定・計算値に基づき、詳細な治療計画を作成します。画像情報に基づいてレーザー切開が行われることで、その精度が増し、手術の安全性と成果も高まります。
  • レーザー使用の第一段階は、超音波装置を挿入する位置の正確な切開です。この装置は濁った水晶体を取り除くために挿入されます。
  • 水晶体を小さく砕いて取り除ける状態にする際にも、フェムトセカンドレーザーが用いられます。
  • レーザーでの的確な中央部の切開により、正確な位置に眼内レンズを挿入することができ、効率も上がります。
  • 切開の精度向上、安全性の向上、組織損傷の軽減、回復期間の短縮
  • 正確な位置に眼内レンズを挿入することによる視力回復の向上
  • 手術後に乱視が生じるリスクの軽減

Related conditions

Doctors Related

Related Centers

Related Packages

Rating score 9.70 of 10, based on 20 vote(s)

Related Health Blogs