A top world medical destination with excellent service and superior value.

旅行医学センター

  • フォント・サイズ
  • A 
  • A 
  • A
バムルンラードの旅行医学センターがあなたの渡航先に応じた包括的な健康管理のお手伝いをいたします。
 
当センターの旅行医学の専門家たちが必要な予防接種や予防薬、虫が媒介する病気や旅行者下痢症を予防するための注意事項などについての情報を提供します。
 
あなたが快適かつ健康に旅行できることを目的としています。

センター所属の専門家たち:
  • 一般感染症専門医
  • 熱帯伝染病専門医
  • 旅行医学

旅行に関わる健康問題

  1. 旅行者下痢症(treveler’s diarrhea)は通常細菌やウイルス、原虫が原因で起こります。渡航先により、3割から7割の旅行者が旅行者下痢症にかかります。
  2. 乗物酔いは船旅、飛行機に搭乗した際、あるいは遊園地の乗り物に乗った時など、激しい動きや様々な方向への動きがある場合におこります。
  3. 急性高山病は標高2,500メートル以上の高度を旅する旅行者の25%が経験し、特に体が適応できないほどの急なスピードで高度が上がった際に起こります。
  4. 時差ぼけとは3時間以上の時差がある距離を飛行機で移動する旅行者に起こる一時的な症状です。
  5. マラリアは蚊が媒介する病気で、世界規模で年間3億5千万人から5億人が罹患し、そのうちおよそ100万人が死亡しています。
  6. 黄熱病は死に至ることもあるウイルス性の疾患で、年間20万人が罹患し3万人が死亡します。その9割はアフリカで発生しています。
  7. 髄膜炎菌に由来する病気は、アフリカのメニンギティス帯(髄膜炎帯)と呼ばれる場所の地元民と長期に渡る接触を持った旅行者がかかる可能性があります。サウジアラビアへのメッカ巡礼もこの病気の発症と関わりを持つことがあります。
  8. 腸チフスは細菌が原因で発症します。年間およそ2千200万人が罹患し、20万人が死亡しています。

旅行医学の目的
  • 旅行前後の相談
  • マラリヤ等旅行に関連した疾病の予防
  • 予防接種と接種証明
  • 旅行に関連した疾病の診断と治療

提供可能な予防接種と薬剤

  • B型肝炎ワクチン:有効期間10年
  • マラリア予防薬(旅行開始1週間前に開始)
  • 黄熱病ワクチン:有効期間10年
  • 腸チフスワクチン:有効期間2年
  • 日本脳炎ワクチン:生涯有効
  • 髄膜炎菌ワクチン:有効期間5年間以上
  • ポリオ(経口ワクチン):有効期間10年
  • 破傷風ワクチン:有効期間10年
  • 狂犬病ワクチン:旅行開始1ヶ月前に開始

所在地

バムルンラードインターナショナル クリニックビル15階 ステーションA, C

連絡先
電話:66 (0) 2667-1555(英語、タイ語)
日本人患者様受付:66 (0) 2667-1501(日本語)

旅行医学センター
Summary: バムルンラードの旅行医学センターがあなたの渡航先に応じた包括的な健康管理のお手伝いをいたします。
Rating score: 10.00 of 10, besed on 2 vote(s)
1
Doctor List

*Click on the specialty of interest below to see the list of doctors:
8481|0
8481
custom.bihcenter
8481
 
 
Suggestions or problems about our website, please click here to send us feedback