Laparoscopic Gastric Banding(腹腔鏡による胃緊縛術)

腹腔鏡による胃緊縛術とは?

腹腔鏡による胃緊縛術 とは、食事摂取量を制限するため、シリコーンでできたベルト状のバンドで胃の近位部(上部)を縛る手術です。胃の貯留容量が非常に小さくなるため、少しの量で満腹感を得られるようになります。バンドには膨らませて締め付け方を変えることのできるバルーンが入っているため、調整が可能です。


手術方法

手術では腹腔鏡を使用します。切開部は5~7ヶ所、大きさは0.5~3センチです。最も大きい切開部は、皮下に金属部品を埋め込む箇所で、ここからバルーンへの注入(膨張)を行います。


手術目的

食事摂取量の制限による大幅な減量を目的としています。 BMIが35kg/m2以上で、肥満を原因とする疾病のある方等が対象となります。


リスクと合併症

手術前に、外科的リスクについての診断を受ける必要があります。手術は全身麻酔で行うため、他の手術と同様に、麻酔に伴うリスクがあります。

長期的な合併症の多くはバンドを原因とするもので、バンドの逸脱、バンド上下からの胃の脱出、胃壁へのバンドの侵食等があります。研究結果によると、合併症が発生する確率は約10%です。


代替方法

病的肥満症の他の治療法としては、腹腔鏡による胃バイパス術があり、当院でも行っています。


対象となる患者様

腹腔鏡下胃緊縛術に適しているのは、BMIが35kg/m2以上で、肥満を原因とする疾病(糖尿病、高血圧、睡眠時無呼吸症候群等)のある方、疾病の有無にかかわらずBMIが40 kg/m2以上の方が対象となります。

BMI =ボディマス指数(体重[kg]÷身長[m]の二乗)

所在地

Surgical Clinics(外科)
バムルンラード・インターナショナル、クリニックビル16階


お問い合わせ
電話: +66 2011 5999
ファックス: +66 2011 5999

Rating score: 8.50 of 10, based on 4 vote(s)