Vertebroplasty and Kyphoplasty(椎体形成術および椎骨形成術)


椎体形成術および椎骨形成術とは?

椎体形成術および椎骨形成術 は、脊柱を構成する椎骨の骨折である脊椎圧迫骨折(VCF)の治療に用いられる低侵襲手術です。いずれの手法においても、骨セメントを充填して骨折部分を固定し、直ちに痛みを軽減します。椎骨形成術では、脊椎のゆがみを矯正し、重度の脊柱後弯症(「亀背」)となるのを防ぎます。くさび形に複数の骨折箇所がある場合、椎骨形成術により変形の悪化防止につながる場合もあります。


手術方法

椎体形成術および椎骨形成術 は似た術式で、ともにX線装置を使って正しい位置を確認しながら、腰部の皮膚から骨折した椎骨へ中空の針を通します。椎体形成術では、この針を通して骨折箇所へ骨セメント(ポリメチルメタクリレート)を充填します。一方、椎骨形成術では、骨セメントを充填する前に、圧迫されている椎骨へバルーンを挿入して膨らませ、正常な高さに矯正します。各骨折箇所でこの処置を繰り返します。椎骨のセメントによる補強によって背筋を伸ばして立つことができ、痛みが軽減するとともに、その後の骨折を予防することができます。


椎体形成術と椎骨形成術の利点:

  • 手術時間が短いこと
  • 浅い全身麻酔または局所麻酔のみで行われること
  • 入院期間が短いこと(平均で 1日以下)
  • 短期間で通常の日常生活に戻れること
  • 固定装具の装着が必要ないこと


代替方法

医師より、減量、痛み止めの使用等の他の治療法を提案する場合があります。脊椎への圧迫を取り除き、動きを滑らかにするため、理学療法や矯正装具の使用といった非侵襲的・力学的な方法が有効な場合もあります。


リスクと合併症

一般的な外科手術の合併症(出血、感染症、血栓、麻酔に伴う症状等)の他、以下のようなリスクがあります:

  • セメントの漏出
  • 神経の損傷
  • 新たな椎骨骨折の発生
  • 残存痛


対象となる患者様

骨粗しょう症、あるいは病理学的な椎骨の圧迫骨折に続発する痛みを伴う進行性腰痛のある方、圧迫骨折により体の動きや機能が相当に制限される方が対象となります。




所在地

Spine Institute(脊椎センター)
バムルンラード・インターナショナル、クリニックビル20階


お問い合わせ

電話: +66 (0) 2011 3077

ファックス: +66 (0) 2011 3080

 

Rating score: 8.50 of 10, based on 4 vote(s)