Sclerotherapy (Spider Vein Treatment)(硬化療法、くも状静脈の治療)

効果

硬化療法 は、現在、クモの巣状静脈瘤の治療に広く用いられている方法です。静脈に硬化剤を注射し、血管をつぶす治療で、血管が徐々に退化して見えなくなります。痛み、灼熱感、むくみ、こむら返り等、クモの巣状静脈瘤に伴う症状も緩和します。


施術方法

硬化療法にかかる施術時間 は比較的短く、約15~45分程度で終了します。皮膚をピンと張った状態で、対象静脈に硬化剤を注射します。明るい間接照明や拡大レンズを使用することで、施術の精度を向上させます。


対象となる患者様

  • 女性は年齢を問わず対象となりますが、 30~60歳の女性が最も適合します。
  • 男性については、クモの巣状静脈瘤の症状は女性ほど一般的ではありません。また症状があっても、脚の毛で隠れることが多いため気にされる方は少ないですが、治療を希望される方は、女性の場合と同じ効果が得られます。


リスク

外科的処置にはリスクが伴います。処置への同意前に、リスクについて十分にご理解いただく必要があります。受診時に医師より十分な説明を受け、不明な点があれば必ずご質問ください。

施術前には、施術に伴うリスクについて説明を受けたこと、リスクを理解し承諾していることについて同意書にご署名いただきます。医療機関必須の手続きですので、同意書へのご署名がない場合、施術は行いません。

施術の結果に影響するまたはリスクを高める可能性のある薬剤の服用・使用、病歴、内科的合併症等がある場合は、必ず事前に医師へお伝えください。

リスクやその程度は関連要因によってひとりひとり異なります。 非常に可能性の低いものを含め、本施術には以下のようなリスクが伴います:

一時的な腫れ・不快感、治療対象部位の変色(皮膚の色が薄くなる)、急性の光線過敏症、化粧品に対する過敏性、肌がピンク・赤みがかる( 6ヶ月程度続く場合もあります)


施術内容

治療時間: 15~45分

麻酔: 不要


副作用

下肢の深部静脈の血栓


回復時間

施術後2週間程度は、脚の隠れる服装が必要になるかもしれませんが、これ以外に施術による影響は特にありません。

同じ箇所を治療する場合は、1ヶ月以上空けてください。治療を重ねるごとに、脚の外観の目に見えた改善が実感いただけます。

上記は、あくまで治療前の参考資料です。実際の治療方法については、医師へご相談ください。

ご質問等ございましたら、お問い合わせください。

所在地

Skin Center (Dermatology)(皮膚科・美容皮膚科)
バムルンラード・インターナショナル、クリニックビル12階、カウンター12A


お問い合わせ

電話:+66 2011 5999

ファックス: +66 2011 5999

Rating score: 8.00 of 10, based on 6 vote(s)