Scars(瘢痕)

症状

ケガ、手術、火傷等が原因で生じる瘢痕によって、外観が損なわれる場合があります。瘢痕が周辺の皮膚に対して目立ってしまうのは、瘢痕組織が通常の皮膚組織ではなくコラーゲン細胞でできているためです。そのため、瘢痕には変色が見られ、汗腺や毛包もありません。

瘢痕の重症度は、傷の大きさや深さ、瘢痕部位への血液供給、皮膚の厚さや色の濃さ等、様々な要因によって異なります。特に肌の色が濃いと、ケロイドと呼ばれる隆起して盛り上がった瘢痕になる傾向があります。

瘢痕形成術の効果は瘢痕の種類によって異なります。瘢痕には以下のような種類があります:


萎縮性瘢痕

薄くて平らな瘢痕です。


肥厚性瘢痕

創傷部の範囲内にできる、厚く盛り上がり、赤みを帯びた瘢痕です。


ケロイド瘢痕

肥厚性瘢痕に似ていますが、固く、創傷部の周りにも広がる点が異なります。膨れ上がっている場合もあり、痒みや痛みを伴うことが多くあります。


瘢痕拘縮

皮膚が広範囲に失われた場合に生じます。残りの皮膚がひきつられ、多くの場合、周辺の腱や筋肉を収縮させます。


治療方法

色素病変の治療には以下のような方法があります。治療方法を決定する前に、ご自身の状態について皮膚科医へご相談ください。

  • 血管病変用レーザー治療
  • 炭酸ガス( CO2)レーザー治療
  • 非切除レーザー治療
  • ケミカルピーリング

上記は、あくまで治療前の参考資料です。実際の治療方法については、医師へご相談ください。

ご質問等ございましたら、お問い合わせください


所在地

Skin Center (Dermatology)(皮膚科・美容皮膚科)
バムルンラード・インターナショナル、クリニックビル12階、カウンター12A


お問い合わせ
電話: +66 2011 5999
ファックス: +66 2011 5999

Rating score: 9.11 of 10, based on 9 vote(s)