Unsightly Leg Vein Treatment(下肢静脈の治療)

症状

クモの巣状静脈瘤 は、医学の世界では毛細血管拡張症と呼ばれており、皮膚の表面近くに流れる細い静脈が浮き出て見える症状です。このクモの巣のように見える細い静脈は静脈系本体とつながっていますが、必要不可欠な血管ではありません。

クモの巣状静脈瘤の原因には、遺伝、妊娠等によるホルモン変化、体重増加、長時間立ったり座ったりする仕事・活動、一部の薬剤の使用等があります。


クモの巣状静脈瘤 は、色の濃い中心部から文字どおりクモの巣のように放射状に広がっている場合、小さな枝
状に広がっている場合、一本一本分かれた細い線状に現れる場合の3種類があります。線状のものは膝の内側に多く見られる一方、枝状のものは、外腿に日輪型あるいは車輪のような形で現れることが多くあります。


下肢静脈瘤 (伏在・側枝静脈瘤)は、クモの巣状静脈瘤とは異なり、直径0.25インチ(約6ミリ)以上と大きく、色も濃いめで、隆起する傾向にあります。また、痛みを伴う場合が多く、重篤な静脈疾患を引き起こす場合もあります。


治療方法

  • レーザーによる良性の血管病変の治療
  • 硬化療法

上記は、あくまで治療前の参考資料です。実際の治療方法については、医師へご相談ください。

ご質問等ありましたら、お問い合わせください。

所在地

Skin Center (Dermatology)(皮膚科・美容皮膚科)
バムルンラード・インターナショナル、クリニックビル12階、カウンター12A


お問い合わせ
電話: +66 2011 5999
ファックス: +66 2011 5999

Rating score: 7.40 of 10, based on 10 vote(s)