Low-dose Computerized Tomography(低線量CT検査)

低線量 CT(LDCT) は、解像度の高い三次元画像を作成する技術で、従来の胸部X線よりも詳細に肺の異常を検査することが可能です。また、通常のCTスキャンよりも線量が低いため、肺がん検査の安全性が向上しています。


低線量CTの利点

  • 従来の胸部X線では写らない極めて小さな肺結節も発見することができます。
  • 早期に肺がんを発見できるため、転移前の治療が可能となり、生存率を高めます。
  • 従来のCTスキャンに比べ放射線量の低い、低被ばく型技術です。
  • 経静脈造影剤を使用する必要がありません。


対象となる患者様

以下のような肺がんのリスクが高い方は、低線量CT検査の受診をお勧めします:

  • 50歳以上の喫煙者および喫煙経験者
  • 家族に喫煙者のいる方
  • アスベストやラドン等の化学物質の濃度が高い環境で生活または仕事をされている方

患者様と相談の上、医師が低線量CT検査に適応するかどうかを決定します。

 



所在地

Pulmonary (Lung) Center(呼吸器科)
バムルンラード・インターナショナル、クリニックビル15階

お問い合わせ
電話: +66 (0) 2667 1555
ファックス: 66 (0) 2667-2915
 

 

  • Low-dose Computerized Tomography(低線量CT検査)