Chin Augmentation(あご形成術)

あご形成術の効果

あご形成術は、骨の形を整形したり、プロテーゼ(人口軟骨インプラント)を挿入したりすることで、あごを大きくする、あるいは形を整える外科的処置です。


手術方法

手術時間は30分から1時間で、全身麻酔または鎮静剤による局所麻酔下で行います。通常は、下唇の内側またはあごのすぐ下の皮膚を切開して、インプラントを挿入し、目標の位置に固定した後、切開部を縫合します。術後1週間ほど、圧迫包帯の使用が必要となる場合があります。


手術目的

骨の形を変え、あごを大きくまたは小さくすることで、顔全体のバランスを整えます。先天性の異常やけがの矯正に適用することもあります。


リスクと合併症

手術の結果を正確に予測することはできません。合併症が生じることは稀で、万が一生じても軽度で済むことがほとんどですが、外科手術のため、以下のようなリスクがあります。

  • 感染症(抗生物質の服用、また入院が必要となることもあります)
  • 血栓
  • 広範囲の腫れ・あざ
  • インプラントのずれ
  • 麻酔に伴う症状

通常、腫れやあざは2週間程度でなくなりますが、稀に2ヶ月ほど残ることもあります。術前および術後の医師の指示に従っていただくことで、合併症のリスクは軽減されます。


代替方法

医師より他の治療法を提案する場合があります。頸部やあごの脂肪吸引により、あごや首周りのラインの輪郭を整えることができる場合もあります。また、あごの引っ込みは歯並びが原因であることも多いため、歯列矯正による治療もひとつのオプションです。


対象となる患者様

あごが小さく、引っ込みの気になる方が対象となりますが、噛み合わせに問題のない場合に限られます。手術の適性は、診察の後、患者様と相談の上、医師が最終的に判断します。

所在地

Plastic (Cosmetic) Surgery Center(美容形成外科)
バムルンラード・インターナショナル、クリニックビル16階、カウンターA

お問い合わせ
電話: +66 2011 5999
ファックス: +66 2011 5999

Rating score: 7.69 of 10, based on 13 vote(s)