Breast Reduction (Reduction Mammoplasty)(乳房縮小術)

施術方法

最も一般的な方法は、錨型に切開する方法で、乳輪周辺から乳房下部の自然な曲線に沿って切除を行います。


対象となる患者様

胸が大きすぎ下垂しているため、日常生活に支障をきたしており、身体的不快感のある方(通常、胸の成長が止まるまで手術は行いませんが、深刻な不快感のある場合には、成長が止まる前に行うこともあります)

授乳中または授乳の予定のない方

施術内容を十分に理解し、過度な期待を持たれていない方


リスク

外科的処置にはリスクが伴います。処置への同意前に、リスクについて十分にご理解いただく必要があります。受診時に医師より十分な説明を受け、不明な点があれば必ずご質問ください。

施術前には、施術に伴うリスクについて説明を受けたこと、リスクを理解し承諾していることについて同意書にご署名いただきます。医療機関必須の手続きですので、同意書へのご署名がない場合、施術は行いません。

施術の結果に影響するまたはリスクを高める可能性のある薬剤の服用・使用、病歴、内科的合併症等がある場合は、必ず事前に医師へお伝えください。

リスクやその程度は関連要因によってひとりひとり異なります。非常に可能性の低いものを含め、本施術には以下のようなリスクが伴います:

出血、感染症、麻酔に伴う症状、授乳機能の喪失(手術では、乳首につながる乳管の多くを切除します)、乳首または乳房の感覚の永久的喪失、乳首や乳輪への血液供給不全による組織死(稀です)


手術内容

手術時間: 2~4時間

麻酔: 全身麻酔


副作用

永久的瘢痕、若干の乳房の大きさの違い、乳首の位置のずれ


回復時間

職場復帰: 3~4週間

激しい運動: 約6週間

傷跡の治癒: 数ヶ月~1年以上

上記は、あくまで治療前の参考資料です。実際の治療方法については、医師へご相談ください。


所在地

Plastic (Cosmetic) Surgery Center(美容形成外科)
バムルンラード・インターナショナル、クリニックビル16階、カウンターA


お問い合わせ
電話: +66 2011 5999
ファックス: +66 2011 5999

Rating score: 7.20 of 10, based on 20 vote(s)