関節鏡視下半月板療法

関節鏡視下半月板療法とは?

関 節鏡視下半月板療法とは、細い望遠鏡を用いて、膝の内部を見ながら処置を行なう治療法のことです。半月板は、膝の中の大腿骨と下肢骨のあいだにある特別な 軟骨です。関節鏡を使用して、半月板の断裂を修復し、痛みを生じたり、膝の内部に留まる可能性のある修復不可能な半月板の一部を取り除くことができます。

関節鏡視下半月板療法はどのように行われるのでしょうか?

外科医は、皮膚の小さな切開部から関節鏡を挿入し、関節まで通します。出血やフィブリン凝固を誘発して治癒反応を促進することで、潜在的な治癒能力を高める ことができます。断裂の性質によっては、特別な縫合材料が用いられます。関節鏡視下半月板手術は、通常は全身麻酔下で行ない、1 時間ほどで終了します。治療後ある程度は活動を制限しなければならないかもしれませんが、早期に膝を動かせるよう強力で信頼性のある縫合材料を使用しているため、制限は最小限で済みます。

関節鏡視下半月板療法は何のために行うのですか?

半 月板は不可欠な組織です。半月板を失うと、周囲の軟骨に不都合な状態を引き起こします。特に、関連して靱帯損傷があった場合は、膝が変性し始めます。従っ て半月板治療は単なる痛みを緩和する処置ではなく、関節症の予防措置でもあります。もっともよく見られる半月板損傷に関連した靱帯損傷は、前十字靱帯損傷 です。この損傷も、同様に治療を行なわないと、不安定な状態により繰り返し半月板損傷が引き起こされ、半月板治療が失敗に終わる可能性があります。

リスクと合併症

可能性はたいへん低いものの、関節鏡視下療法中または療法後に下記のような合併症が起こる場合があります。

  • 関節内もしくは関節周囲の構造に対する予期せぬ損傷
  • 腫脹や疼痛を引き起こす可能性のある関節内部の大量出血
  • 関節内の感染
  • 呼吸性・心臓性の機能障害を含む、麻酔に関連したリスクと合併症

その他の選択肢

外科医と代替的アプローチについて話し合うことができます。例えば、治癒の見込みがすでに高く、関節鏡視下療法を施す必要がない場合は、「保存療法」を導入できます。
 

電話: +66 (0) 2011 3092+66 (0) 2011 3069+66 (0) 2011 3070

ファックス: +66 (0) 2011 3071

Rating score: NaN of 10, based on 0 vote(s)