New Robotic Gait Training Technology Speeds Rehabilitation(ロボット歩行訓練によるリハビリテーション)

バムルンラード・インターナショナルでは、神経疾患のある方が一日も早く普段の生活に戻れるよう最新技術を使用しています。
 

脳卒中、パーキンソン病、脳損傷等の神経疾患や脚の筋力低下があると、通常の歩行が困難になります。長期間にわたって同じ動きを繰り返し、継続して行うことで、リハビリの効果が高まります。
 

歩行訓練ロボット によるリハビリは、リハビリテーション科専門医と理学療法士の指導の下に行います。最新技術により、従来のリハビリ療法よりも短期間で、通常とほとんど変わらない歩行が可能となり、日常生活に戻ることができます。


ロボット歩行訓練によるリハビリテーション

ロボット歩行訓練によるリハビリテーション は、最新の医療技術で、神経疾患や筋力低下の症状のある方の歩行訓練の効果を向上させるとともに、以下のような特徴があります。
 

  • 体重支持具の調整が可能なため、活動的かつより自然な動きでリハビリを行うことができます。
  • 足踏み、体重負荷、平らな面での歩行、階段上り下り等、様々なコンピュータ制御プログラムから、ひとりひとりの状態に合わせて適切なプログラムを選択します。
  • リアルタイムでの可動域の表示により、各患者様の状態に合った最適なリハビリ計画を立てることが可能です。


ロボット歩行訓練によるリハビリテーションの利点

  • リハビリ時間を徐々に延長する作業が容易になり、脳細胞への反復動作の学習を促すことから、従来に比べ短期間で歩行目標を達成することが可能になります。
  • 足踏み、体重負荷、平らな面での歩行、階段上り下り等、様々な動きを訓練することができます。
  • 過度の運動や無理な動きによる筋肉痛や筋肉疲労を軽減します。
  • ひとりひとりの状態に合わせてリハビリの内容や速度を調整します。
  • 筋力を取り戻し、長距離の歩行も可能になります。
  • 患者様、理学療法士ともに、リハビリ中の支持具使用が少なくなります。
  • 従来のリハビリ療法よりも短期間で、通常とほとんど変わらない歩行が可能となり、日常生活に戻ることができます。


対象となる患者様

神経疾患や脚の筋力低下により通常の歩行やバランスの維持が困難になっている方に適しています。
 

神経疾患には以下のようなものがあります。

  • 脳卒中
  • パーキンソン病
  • 脊髄損傷
  • 脳損傷


歩行訓練ロボットによるリハビリを開始する前に、必ず医師の診察を受けてください。




所在地

Inpatient Physical Therapy(入院患者様向けリハビリセンター)
バムルンラード・インターナショナル、ホスピタルビル中2 階


お問い合わせ 
電話: +66 (0) 2667 9518+66 (0) 2667 9519+66 (0) 2667 9520 
ファックス: +66 (0) 2667-9521