脂肪肝

脂肪肝 は肝臓細胞内に脂肪が蓄積されることによって生じるさまざまな症状を指し、通常、肝機能検査における異常によって発見されます。一般には痛みを引き起こしませんが、他の病気の兆候の場合もあります。

 

 

脂肪肝の原因

脂肪肝の原因は種類によって以下の2つに分けられます:

  • アルコール性脂肪肝: 重症度は飲酒の内容、量、期間によって異なります。
  • 非アルコール性脂肪肝炎: 肥満、高糖尿、高血圧、高コレステロール、C型肝炎等のメタボリックシンドロームを伴って生じることが多くあります。

 

脂肪肝のメカニズム

肝臓の主要機能のひとつにエネルギーの貯蓄があります。そのため、一部の食品を過剰に摂取すると肝臓内に脂肪が溜まり、肝臓細胞に過剰な脂肪が蓄積されます。肥満、糖尿病、高コレステロール、過度の飲酒、急速な体重減少、栄養不良が脂肪肝の主な要因ですが、これらに該当しない場合も脂肪肝を発症することがあります。

脂肪肝の危険因子

  • 肥満:肥満の方の約20%は脂肪肝と言われています。
  • 過体重:BMIが25~30の方は脂肪肝のリスクがあります。
  • 糖尿病
  • 過剰な飲酒
  • 過度に甘い食品:甘いグリーンティ等、過度に甘い食品や飲料の摂取は脂肪肝のリスクを高めます

 

 

脂肪肝は以下の4つのステージに分けられます:

  • ステージ 1: 肝臓内に脂肪が蓄積されているが、炎症や瘢痕化は見られない。
  • ステージ 2: 脂肪の蓄積によって炎症が生じている。治療せずに6ヶ月以上炎症を放置すると、慢性肝炎となる。
  • ステージ 3: 肝炎が進行し、瘢痕化も生じている。肝臓細胞がゆっくりと破壊されている。
  • ステージ 4: 肝臓細胞の重度の破壊によって肝機能の異常が生じており、肝硬変、最終的には肝臓がんに至る。

 

 

通常、脂肪肝には自覚症状がなく、倦怠感、吐き気、右脇腹の痛み等のある場合であっても、それらの症状は脂肪肝を原因とするものではありません。そのため、定期検診や他の疾病の検査で発見されることがほとんとです。

 

 
  • 血液検査
  • 超音波検査
  • MRI検査
  • 生体検査(肝臓細胞より生検を採取)
 
  • 過体重や肥満の場合は減量する。1週間あたり0.25~0.5キロの減量が理想的です。
  • 週に5日以上運動する。低負荷の筋肉トレーニング後に早めのウォーキングを行うなど、有酸素運動と無酸素運動の両方を行うとよいでしょう。
  • 低脂肪、高食物繊維、低カロリーの食事を心がける。
  • 糖尿病や高コレステロールの症状を管理する。医師の指示に従って薬を服用し、食事療法や運動療法を行ってください。
  • 処方されていない薬剤やサプリメントの摂取を避ける。
  • 飲酒を控える。
  • 定期検診 を受ける。
IMG
Rating score: 9.78 of 10, based on 9 vote(s)