Brachytherapy(小線源療法)

小線源療法 は、がん治療に用いられる放射線療法のひとつで、がん性腫瘍内またはその近くに直接、放射線源を移植する方法です。この方法により、手術の精度が上がるだけでなく、腫瘍周辺の健康な組織への影響を軽減することができます。単独で用いられる他、外部照射療法や外科手術といった他の治療方法と併用される場合もあります。


小線源療法によって治療可能ながんの種類

小線源療法は、以下のものを含め多くのがんの治療に用いることができます:

  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 子宮内膜がん
  • 肺がん
  • 軟部肉腫
  • 乳がん
  • 膣がん
  • 頭頸部がん
  • 皮膚がん
  • 肛門がん

 
手術方法

小線源療法には、以下のような2つの方法があります:

  • 永久移植 では、腫瘍内部へ放射線源を永久的に移植します。放射線源の大きさはゴマ粒ほどで、放射線がなくなるまで、ごく少量の低レベル放射線をゆっくりと照射します。リスクの低い限局性前立腺がんの治療によく用いられる方法です。
  • 一方、腫瘍細胞内またはその近くに一時的に放射線源を移植する一時移植では、高レベルの放射線が照射されます。婦人科がん、肺がん、乳がん、前立腺がん、頭頸部がん、肛門がんの治療に用いられます。

以下のような要因を考慮して、医師が患者様にとって最善の治療法を決定します:

  • 腫瘍の位置
  • 腫瘍の大きさ
  • 限局性前立腺がんのリスク分類

 
小線源療法の利点

  • 治療対象部位を中心に照射するため、治療の効果が高くなります。
  • 放射線源を腫瘍内またはその近くに移植するため、周辺組織への影響を少なく抑えることができ、副作用のリスクが低くなります。
  • 大きな外科手術を必要としない低侵襲処置です。
  • 外来での処置も可能です。
  • 治療は1日から5日程度で完了します。
  • 外科手術よりも回復時間が短く、処置後ごく短期間で日常生活に戻ることができます。

 

小線源療法の副作用

小線源療法による副作用は患者様によってさまざまで、その程度も、治療対象のがんの位置や進行度等、病状によって異なります。事前に副作用の可能性について医師へ十分に相談するとともに、処置後に異常を感じた場合は、直ちに医師へお知らせください。

 
治療後の経過観察

医師の指示に従って定期的な通院が必要となります。

 


所在地

The Horizon Cancer Center(ホライズンがん治療センター)

バムルンラード・インターナショナル、本館南棟3階

お問い合わせ

電話:+66 (0) 2667 1555
ファックス:0 2667 2915