回転性めまい

  • フォント・サイズ
  • A 
  • A 
  • A

回転性めまい の感じ方について、一般的には周囲がグルグルと回っている、傾いている、あるいは動いているように感じるなどと表現されます。めまい、ふらつき、平衡感覚障害を引き起こすことが多く、事故につながることもあります。

 
回転性めまいの原因

以下のような内耳の疾患が原因となることがあります:

 
回転性めまいの症状

回転性めまいの代表的な症状 にはめまいや平衡感覚障害などがあり、乗り物酔いと同じような症状ですが、回転性めまいの場合にはそれらが消えてはまた現れます。他に吐き気、嘔吐、頭のふらつき、耳閉塞感(耳詰まり感)、耳鳴り、難聴、動くと視界がぼやける、といった症状があります。

 
回転性めまいの診断

回転性めまいの診断 は以下のような情報に基づいて行います:

  • 症状歴
    • めまいの兆候や症状(吐き気、嘔吐など)、期間、発生時の持続時間、および聴覚症状(耳閉塞感や耳鳴りなど)
    • 基礎疾患、耳の疾患、ケガ、手術、薬の使用などの既往歴
  • 身体診察
    • 耳の診察
    • 神経・平衡機能の検査
    • 異なる位置での眼球の左右の動き
  • 追加検査(内耳の異常機能の診断)
    • 聴力検査(オーディオグラム)
    • 内耳の平衡器官検査(ビデオ眼振検査:VNG)
    • 液圧検査(蝸電図検査:ECOG)
    • 聴覚機能の神経学的検査(聴性誘発反応)
    • 平衡機能検査( 重心動揺検査
  • コンピューター断層撮影(CT)や磁気共鳴画像装置(MRI)等、特殊X線検査(平衡感覚についての情報を脳へと伝達する神経から発生する脳腫瘍の診断を行う)

 
回転性めまいの治療法

回転性めまいを引き起こす要因は多岐に渡ります。 根本原因がなんであるかによって適切な治療法は異なるため、担当医が診断に基づいて個々の患者様に最も適した治療計画を立てます。

 
自己管理のコツ

  • 頭を素早く回転させる、素早く動き回る、方向を問わず首を曲げたりひねったりするといった、めまいを引き起こすような体(頭)位や状況を避ける
  • タバコやコーヒーを控える
  • ストレス、不安、アレルゲン、睡眠不足など、めまいの原因となり得る要因を避ける
  • 運転や登山など、事故につながりかねない状況を避ける
Rating score: 6.00 of 10, based on 4 vote(s)