bih.button.backtotop.text

新しいHPV(ヒトパピローマウィルス)ワクチン: 癌に対するより強くの力

  

 

201101_Bumrungrad-IDM_Cervical-Cancer-Awareness-Campaign_Carousel_Japanese_AW-01-(1).jpg

 

 

HPVとは何ですか?
 

ヒトパピローマウイルスには100を超える既知の株があり、そのうち40株がヒトに病気を引き起こす可能性があります。HPV株6および11は生殖器疣贅を引き起こすことが知られていますが、株16および18は直腸癌および生殖器癌と強く関連しています。

現在、HPV感染症に対する薬や治療法はありませんが、そもそもHPVに感染するのを効果的に防ぐためのワクチンは存在します。現在、タイではこれらのワクチンのうち2つが利用可能です。
  • 2価HPVワクチン(16株と18株から保護)
  • 4価HPVワクチン(6、11、16、18株から保護)
2020年11月に、9つのウイルス株から保護する新しいHPVワクチンがタイで利用可能になり、これまでにないほどの保護レベルが向上しました。

 


ヒトパピローマウイルス9価ワクチンとは何ですか?
 

HPV 9価ワクチンは、その4価の前身から開発され、ウイルス様粒子から調製されています。それは、9歳から45歳までの男性と女性の両方について、6、11、16、18、31、33、45、52、および58株から保護します。


 

 

このワクチンは何を防ぐことができますか?
 

9価のHPVワクチンは、男性と女性の両方を以下から保護することができます。

 
9〜45歳の女性 9〜45歳の男性
  • 子宮頸がん、外陰がん、膣がん、直腸がん、口腔がん、および喉がん(HPV株16、18、31、33、45、52および58から)。
  • 子宮頸がん、外陰がん、膣がん、および直腸がんの前がん病変(HPV株6、11、16、18、31、33、45、52、および58から)。
  • 生殖器疣贅(HPV株6および11から)。
  • 直腸がん、口腔がん、および喉がん(HPV株16、18、31、33、45、52および58から)。
  • 直腸がんの前がん病変(HPV株6、11、16、18、31、33、45、52、および58から)。生殖器疣贅(HPV株6および11から)。
 

 


このワクチンは誰に適していますか?
 

9価のHPVワクチンは、9歳から45歳までの男性と女性の両方に有効です。このワクチンは、免疫系が最も強い年齢で、性交の最初の例の前に接種するのが最善です。すでに性交を経験している人も予防接種を受けることができますが、まだ性交を経験していない人に投与した場合ほど効果的ではない可能性があります。

 

 

ワクチンはどのように投与されますか?
 

9価のHPVワクチンは、上腕または太ももの筋肉組織に注射されます。 以下の表に示すように、必要な投与回数は年齢によって異なります。

 
年齢 投与回数 スケジュール
9〜14歳* 2 ** 最初の注射:最初の予定で
2回目の注射:最初の注射後6〜12か月以内に、
  最初の注射:最初の予定で
2回目の注射:最初の注射から2か月後
3回目の注射:最初の注射から6か月後
15〜45歳 最初の注射:最初の予定で
2回目の注射:最初の注射から2か月後
3回目の注射:最初の注射から6か月後

* 投与回数の最終決定は医師の裁量に委ねられています。
** 2回目の注射が最初の注射から5か月前に与えられた場合、2回目の注射が与えられてから少なくとも4か月後に3回目の注射が必要になります。

 

 

このワクチンの副作用


 一般的に、このワクチンには深刻な副作用はありません。注射点周辺の痛み、腫れ、発赤などの軽度の副作用が発生する可能性があります。これはまた、頭痛、発熱、吐き気、めまい、倦怠感、および胃の痛みを伴う可能性があります。これらの症状は短時間しか続かず、医師の診察を必要とせずに消えます。


 

 

警告
 

9価HPVワクチンは、9価または4価HPVワクチンまたはワクチンの成分のいずれかに対するアレルギー反応の病歴がある患者、および重度の酵母アレルギーの患者には投与しないでください。


 

 

2価または4価のワクチンを3回接種した場合、このワクチンを接種できますか?
 

臨床研究では、2価または4価のHPVワクチンのスケジュールを完了した後、9価のHPVワクチンを接種しても安全であることが示されています。いずれにせよ、医師はさらなる予防接種が必要か、または推奨されるかについて最終的な検討を行います

さらに詳しい情報が必要な場合は、バムルンラード病院の医薬品情報センターが24時間いつでも質問に答えることができます。

 
201101_Bumrungrad-IDM_Cervical-Cancer-Awareness-Campaign_Carousel_English_AW-03.jpg
 

 
詳細については、バムルンラード病院の医薬品情報サービスにお問い合わせください。


電話:+66(0) 2 011 3399 E-メール: [email protected]
 

Related Health Blogs