In-vitro Fertilization (IVF) (体外受精、IVF)

体外受精( IVF)は、培養室で精子と卵子を接触、受精させ、子宮内壁に胚を移植する方法です。


体外受精が検討されるケース

  • 卵管の閉塞や欠損がある場合
  • 精子数が少ない、運動性が低い等、精子に問題のある場合
  • 3年以上にわたる原因不明の不妊の場合
  • 人工授精(子宮腔内注入法: IUI) 後も不妊である場合


体外受精の過程

  1. まず、膣に超音波プローブを挿入して良好な卵子を採取します。痛みを和らげるため局所麻酔を行います。30分ほどで卵子を採取した後、膣錠または注射でホルモンを補充し、子宮への胚の移植に備えます。
  2. 採取した卵子と精子を培養室で受精させ、その後2日間入念に観察します。
  3. 3日目に受精卵が胚になります。採卵後3日目から5日目に胚移植の準備が整います。胚移植の際には、絶食や麻酔は必要ありません。30分ほどで終了します。


胚移植

胚移植は受精後3日から5日後に行います。

  • 胚盤胞移植 は胚盤胞という段階まで胚を培養してから子宮に移植する新しい方法です。受精から5日ほどかかります。移植のために胚を準備するため、妊娠の可能性が高くなります。
  • Day-3胚移植 は、6つから8つの細胞に分割するまで胚を培養する方法で、受精から3日かかります。培養した胚をその後子宮に移植します。


体外受精の周期

体外受精は4週間から6週間で完了します。胚移植から約2週間後に血液検査をして妊娠判定を行います。


所在地

Fertility Center & IVF Clinic(不妊治療センター)
バムルンラード・インターナショナル、ホスピタルビル北棟(ノース・ウィング)2階

お問い合わせ
電話: +66 (0) 2667 2388