Gastrointestinal Motility Planning(消化管運動機能検査)

消化管機能検査には以下のような2つの方法があります:

  • 直腸肛門内圧測定: 慢性便秘の検査に使用される方法で、排便の妨げとなっている大腸、横隔膜、括約筋の異常を特定します。腸神経疾患が疑われる場合は、出生時から便秘を患う新生児に行われる場合もあります。
  • 食道内圧測定: 食道、上部食道括約筋、下部食道括約筋の検査に使用する方法で、通常は嚥下困難、胸痛等、食道関連の疾病のある患者様を対象とします。胃疾患が疑われる場合には、胃の機能検査に使用することも可能です。


所在地

Digestive Disease (G-I) Center(消化器科)
バムルンラード・インターナショナル、ホスピタルビル北棟 (ノース・ウィング) 2 階。
メインロビーのエスカレータで 2 階へ上がり、左折してください。


お問い合わせ
電話: +66 (0) 2667 1555
ファックス: 66 (0) 2667-2915