Fibroscan(フィブロスキャン)

フィブロスキャンの超音波エスラトログラフィは、低周波弾性波を使用して肝臓の線維化(硬さ)についての正確な評価を行う検査です。

 

以前の肝線維化検査は 2、3年に一度の生検検査が必要であり、検査名を聞くだけで恐れをなすような疼痛を伴うものでしたが、現在では検査後すぐに帰宅できるほど気軽に受けられるものになっています。定位置に取り付けられた専用装置から肝臓へ弾性超音波を送り、フィブロスキャンのソフトウェアで伝播速度を解析、その値に基づいて病状診断が行われます。

 

検査時間はわずか 10分ほどで、検査結果からすぐに治療プランを立てることができます。

IMG_1109.JPG

 

 

所在地

Digestive Disease (G-I) Center (消化器科)
バムルンラード・インターナショナル、ホスピタルビル北棟 (ノース・ウィング) 2 階。
メインロビーのエスカレータで 2 階へ上がり、左折してください。


お問い合わせ
電話: +66 (0) 2667 1555
ファックス: 66 (0) 2667-2915